TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WHO事務局長マーガレット・チャン(Margaret Chan) 

 WHOのパンデミックフェーズを3から4に上げるかどうかを最終判断するのは、WHO事務局長のマーガレット・チャン(Margaret Chan)です。

 マーガレット・チャンは2003年にWHOの職員となり、その後、感染症担当の事務局長補佐官となりました。1997年の香港保健局長時代には、全世界で初めて鳥インフルエンザの大流行を経験したが、ウイルスに感染したニワトリの大量処分をただちに実施しました。激しい反対論に合いながらも、さらなる大流行を食い止めることに成功した経歴を持ちます。
 私は、現時点では皆さんがとるべき行動は、世界のWHO地域事務局が加盟国と連携とり、サーベイランスを強化することだと思います。それにより、確実にこのインフルエンザ様感染症の流行が、アメリカとメキシコ以外の国への広がりを見せているのかどうかが分かるのです。

 一方、今後数日間かけて、メキシコ当局と共に得られた疫学データについて詳細に分析し、結論を出したいと考えています。報告されている800人以上の症例のうち、どのような関連性があり、何人が果たして新型H1N1なのかを確認する必要があるのです。

 なぜなら、肺炎は別の原因でも起こるし、H1N1以外の別のインフルエンザ亜型によるものかもしれないからです。
日本時間2009年2月26日(日)午前に、イギリスBBCニュース http://news.bbc.co.uk/を翻訳

 彼女の決断に、世界の注目が集まっています。

 
スポンサーサイト
[ 2009/04/28 00:00 ] 豚インフルエンザ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/442-07b3caa9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。