TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホテルに泊まったら、新型インフルエンザの問診を受けた 

 このGWに関東地方に旅行にいった家族から、興味深い情報を得ました。

お客様の健康に関するご質問シート

○○ホテルでは、××保健所からの要請で
下記につき、お客様にお伺いしております。
ご協力のほどよろしくお願いします。
海外への10日以内の渡航歴がありますか?
  はい    いいえ

現在、38度以上の発熱があり、
かつ以下のいずれかの症状がありますか?
咳、鼻水、咽頭痛
  はい    いいえ

 ホテルに泊まるとき、上記の質問を受けたとのことです。 もし、両方「はい」にチェックがついたら、保健所職員がやってくるのか、興味深いです。 なお、旅館業法においては、以下のように宿泊拒否についての条文があります。
第五条  営業者は、左の各号の一に該当する場合を除いては、宿泊を拒んではならない。
一  宿泊しようとする者が伝染性の疾病にかかつていると明らかに認められるとき。

もし、両方「はい」にチェックがついていても、明らかに新型インフルエンザとは認められないので、宿泊拒否は決してできません。

スポンサーサイト
[ 2009/05/10 00:00 ] 銀行・郵便局・ホテル | TB(0) | CM(3)

宿泊拒否というよりは、海外旅行者の動向の把握のために保健所が依頼しているとか?
[ 2009/05/10 07:33 ] [ 編集 ]

保健所の指導ではありえない

今回の症例基準とは全く違うので、いくらなんでも保健所の指導ではないでしょう。

このチェックはインフルエンザ一般を常識的な範囲でスクリーニングして、医師の診断書を求めるもので、ホテル側の他の宿泊客の防衛のための、ホテル独自の行動でしょう。

ただ、このホテルを管轄している保健所は、新型インフルエンザの症例定義程度は、ホテルに説明していなかったのでしょうかね。保健所活動に疑問があります。

保健所側に問題があると思います。
[ 2009/05/10 08:35 ] [ 編集 ]

まさかと思ったが・・・

まさかと思った思い込みで読んでしまいました。

今回の新型インフルエンザの症例定義は、

米国、カナダ、メキシコに過去10日以内の滞在などがある方で、

かつ

38度以上の発熱『または』鼻閉・鼻汁、咽頭痛、咳嗽3症状のうちの2つ以上

を対象にしています。

したがって、この指導は、このホテルの管轄保健所が新型インフルエンザのためというよりも、一般的な対策として指導したのでしょうかね。

ただ、渡航歴が全世界に拡大しているのと、症状などの基準が『かつ』になっているなど、新型インフルエンザの症例定義とはまったく違うので、果たして意味があるんでしょうかね。

保健所長が果たして了承したものか疑問です。
[ 2009/05/10 08:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/449-793f4744










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。