TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発熱相談センターも開設していないし、全数検査すらしていない冷静なアメリカ 

 日本では、Svine Flu A/H1N1を新型インフルエンザ等感染症に認定し、患者を早期発見して封じ込めようと無駄な努力が繰り広げられています。

 新型インフレエンザ(A/H1N1)が発生する前には、「アメリカは〇○なのに、日本は××で、対策が遅れている」といった報道が繰り広げられていました。

 そんな日本が見本にしていたアメリカでは、発熱患者を発熱相談センターでふるい分けるという無駄な作業はされていません。患者は今まで通り、かかりつけ医を受診し、症状が治まるまで自宅待機を指示されているのです。

 しかも、ミネソタ州、ノースカロライナ州、ニューハンプシャー州では全数検査すらしていないのです。すなわち、季節性インフルエンザと全く同じ対応がとられています。もはや、アメリカで患者が何人いるかを全数把握することは無駄なのです。

 たとえば、日本で冬に風邪にかかった場合、風邪の原因ウイルスを全員特定しませんよね。それと同じです。

 アメリカの対応って、本当に冷静ですね~。

 そんな性質の新型インフルエンザインフルエンザに対する現在の日本の対応は、
「公衆衛生的判断、医学的判断」
に基づくものではなく、
「厚生労働省のメンツ」
に基づくものなのではないかと危惧します。

http://www.cidrap.umn.edu/cidrap/content/influenza/swineflu/news/may0509breaknews1-jw.html

スポンサーサイト
[ 2009/05/09 00:00 ] 豚インフルエンザ | TB(0) | CM(4)

香港では7日間ホテル封鎖

日本は米国ではない。

たとえば、ホテルで1名の新型インフルエンザが発生すると同時にホテル封鎖をした。

香港ではSARSで死亡者が200名いたという過去の経験が、このような措置が国民的合意が得られたのでしょう。

対策は、その国がおかれている状況、国民の合意などを総合的に勘案して、最大限の防衛措置が決められるものです。

新型インフルエンザが季節性インフルエンザよりも致死率が低いということがあっても、免疫不全状態の方がかかると、その命が危険にさらされます。

それを国民が甘受するかどうかなど複雑な要因があります。

民主党も新型インフルエンザ対策本部を立ち上げました。政治サイドからは、米国並みの対策でいいという意見は出ていないように思えます。

[ 2009/05/10 09:18 ] [ 編集 ]

アメリカの対応は開き直りとも取れませんか?

今度の新型はほとんど治療が可能とのことですが、やっぱり自分や家族がかかるのは、新型だけにどうなるかわからないし嫌です。人からやり過ぎと思われようが、ワクチンが出来るまでは、外出時は必ずマスクをつけ、手洗いをキチンとします。家族にもそうさせます。
現段階では日本の水際作戦や発熱センターは流行を縮小させる効果はあるとおもいます。
[ 2009/05/10 09:41 ] [ 編集 ]

新型インフルエンザの水際作戦

地方自治体が日本国の新型インフルエンザ対策に対して独自行動をすることが望まれてないのと同様に、

日本国もWHOの勧告に、日本国独自の行動をすることは世界の中の日本ですので、これも望ましいことではありません。

したがって、日本だけは特殊だとして、水際作戦を厳しく徹底することができるかどうかも課題となります。

今後のWHOの動きが気になります。
[ 2009/05/10 09:49 ] [ 編集 ]

アメリカですね

初めてコメントさせていただきます。感染者がメキシコを上回り、感染拡大していてもこの大らかさ。もし、毒性が高まったらどうするつもりなのでしょうか?欧米諸国は、対策が無策すぎると感じます。
[ 2009/05/11 02:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/454-8259f0d4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。