TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザの症例定義は変わりました 

新型インフルエンザに係る症例定義及び届出様式の改定について(平成21年5月9日健感発第0509001号厚生労働省結核感染症課長通知)
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/090509-02a.pdf

キャリアブレインが、とんちんかんな見出しと記事を書いていたので、添削させていただきました。
×新型インフル届け出、医師側が判断を―厚労省が通知
○新型インフル届け出、都道府県等が判断を―厚労省が通知

 厚生労働省は5月9日、各都道府県などに対し、新型インフルエンザの症例定義や届け出様式を改定する通知を出した。4月29日に通知した届け出基準では、迅速診断キットの結果がA型陰性かつB型陰性でも、診察した医師が感染を強く疑う場合は、法の規定で直ちに届け出を行わなければならなかったが、今回の改定では、感染を強く疑う根拠に乏しい症例がある現状を踏まえ、症例定義を満たしていても、海外への渡航暦や患者の症状などから医師が明らかに感染していないと判断した場合は、届け出る必要はなくなった。医師側の裁量を広げると共に、余計な検査を省くことで、診断の効率化を図る。なお、症例定義と様式自体は前回と変わらない。
→症例定義と様式も変更があります。動物(豚)からの感染に関する記載が削除されたこと、無症状病原体保菌者の項目が追加されたことなどです。

 改定された届け出の流れはこうだ。まず、医師が新型インフルの疑似症患者と判断した場合、症例定義に基づき、最寄りの保健所に連絡。保健所は各都道府県や厚労省などに報告し、中央感染症情報センターの「疑い症例システム」に入力する。  各都道府県などは、疫学的に感染の疑いが濃厚かどうかなどを勘案し、感染症法が定める「感染症にかかっていると疑うに足りる正当な理由」に該当するかを検討。保健所はその結果を医師に伝え、「正当な理由」のある患者については、医師が都道府県知事に届け出る。最終的な確定検査は当面の間、国立感染症研究所が行うとし、確定した患者(または無症状病原体保有者)について、医師は保健所に届け出る。

 厚労省が5月9日に各都道府県などに対して行った事務連絡では、迅速診断キットでA型陰性の場合、疑似症患者の連絡をする前に、▽インフルエンザ特有の症状の有無の確認▽10日以内のインフルエンザ様症状を持っている人との接触歴の確認▽新型インフルが蔓延している国への渡航暦や滞在暦の再確認▽他の疾患の有無などの確認(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎など)―を各医療機関に求めている。
(2009年5月10日 キャリアブレインより引用・一部改編)

日経メディカルもいい線の記事を書いていますが、一部間違っていました。
(中略)
×具体的な変更点としては、医師が疑似症例を診断した場合、直ちに都道府県に届け出を行うのではなく、まず最寄の保健所に連絡することになった。
○具体的な変更点としては、医師が疑似症例を診断した場合、直ちに保健所に届け出を行うのではなく、まず最寄の保健所に連絡することになった。
(以後略)
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/200905/510609.html

 届出ではなく、連絡というのがポイントなのです。その理由は、昨日の記事の通りです。

(参考)
新型インフルエンザ疑似症患者の取り扱いが変更された理由ウラ話

スポンサーサイト
[ 2009/05/12 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(3)

安心しました

症例定義と届出様式の変更の解釈が正しかったようで、安心しました。今気になっているのは、保健所に「連絡」をした後、どれぐらいで「返事」が来ることになったのか、です。管理人様の目安があれば、ご教授いただければと・・・。
[ 2009/05/12 07:01 ] [ 編集 ]

厚労省のHP

いつもながら、利便の悪い、誤解を招きやすいHPだと思います。「新型インフルエンザ感染対策情報」のページにある「医療従事者の方へ」に進むと、そこでの「症例定義」は以前のままです。最新のものには更新されていないわけで、当然混乱を招きますね。
[ 2009/05/13 09:25 ] [ 編集 ]

ただの

風邪だと思って病院に行ってしまう人も出てくる気がします。強毒性の鳥インフルのパンデミックになった時が怖いです。
[ 2009/05/15 19:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/459-918b69f0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。