TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

厚労省は検疫の対象国を広げない理由は検疫官の態勢が限界だからと表明 

新型インフルエンザ:機内検疫の対象広げず 警戒度6でも--厚労省方針

 新型インフルエンザ対策に関する与党プロジェクトチーム(座長・川崎二郎元厚生労働相)の会合が11日開かれた。厚労省は、世界保健機関(WHO)が警戒レベルを「フェーズ6」に引き上げても、機内検疫の対象を欧州全体に拡大しない方針を報告した。

 現在、機内検疫はメキシコ、米国本土、カナダからの週260便以上で実施している。検疫官などの態勢は限界に達しており、対象国の大幅拡大は物理的に不可能だという。韓国で感染が拡大しても韓国便は週509便あり、対応できない。警戒対象国が拡大した場合、同省は乗客からの問診票などを基に健康観察を徹底することで対応する。

 これに関連し、川崎元厚労相は、強毒性の新型インフルエンザを前提とした現在の政府行動計画とは別に、弱毒性に対応した行動計画の必要性を指摘した。「政府が発表しても現場の自治体に伝わるには時間差がある」とも述べ、事前に策定しておくべきだとの考えを示した。【鈴木直】
(2009年5月12日 毎日新聞より引用・一部改編)

 検疫の対象を広げない理由が理由になってません。
「検疫官などの態勢は限界に達しており、対象国の大幅拡大は物理的に不可能だという。韓国で感染が拡大しても韓国便は週509便あり、対応できない。」

「警戒対象国が拡大した場合、同省は乗客からの問診票などを基に健康観察を徹底」
無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理!

「徹底」の意味分かってるの?
問診票って、自己申告なんですよ!
問診票に記載した住所に住んでなくて、連絡がつかないんですよ。
北米からの帰国者の約1割はソウル経由で検疫の対象外なんですよ。
どうしてソウル経由の北米からの帰国者は10日間の健康観察しないの?
韓国便が週509便あるからだって?舛添要一大臣が行ってますたよね。「徹底して水際対策を行う」って。週509便全部検疫やってよ。「徹底」するなら。
もう、自由を獲得した人の健康観察を「徹底」して行うことは不可能なんですよ。

 対応できないとどうして認めないんですか?
 対応できないんですよ。すでに。検疫をすり抜けている人が沢山いるのです。


 今回の新型インフルエンザは、季節性インフルエンザと同様に対応してなんら問題がありません。
(日本のこれまでの感染症対策が、インフルエンザ対策として適切に行われていないこと自体が問題です。)

(ごめんなさい。愚痴少し入ってます。言葉が乱れてます。)
スポンサーサイト
[ 2009/05/13 00:00 ] 移送・搬送・隔離 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/460-b345dc53










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。