TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発熱相談センター・健康観察からの患者発見率約0.003% 

 発熱相談センターに電話をすべきなのは、 から今日までにメキシコ、米国(本土)、カナダから帰国して、38度以上の発熱などの症状のある方ですということで、3週間程度トリアージが日本中で行われてきました。

 しかし、発熱相談センター経由での患者発見はいまだに3人だけ(東京・神奈川のみ)。

 患者発見率約0.003%のスクリーニング、振り分け、トリアージっていったいなんだったのでしょうか。

 いわゆる発熱外来(fever clinic)を開設した国は、先進国では日本だけです。

 発熱相談センターへの電話振り分けのために、一般医療機関にすぐに受診すれば助かった患者が、受診できないため重症化してしまったというケースも漏れ聞いています。

 「新型インフルエンザの感染拡大防止のために開設した発熱相談センター、発熱外来」

 というシステムが、

 「本来すぐに受診して、助かるはずだった患者が救われない」

 という現実を生んでしまっています。非常にゆゆしき状況です。

 発熱相談センター、発熱外来という発想は今後捨てなければいかないと心に強く思いました。  

スポンサーサイト
[ 2009/05/22 00:00 ] 発熱相談センター | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/468-9e6aaec3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。