TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ対策をアメリカ人に爆笑される理由 

 非常に面白い記事を見つけましたので紹介します。

 しかし、これが世界から見た日本の現状を素直に表しています。

 日本人の皆さん、日本政府の新型インフルエンザは明らかに世界から勘違いさせられていますよ。

 「おかしい!」と声を大にして訴えてください。
  昨日、出張でアメリカから成田に着いたアメリカ人が、成田空港で見た新型インフルエンザ対策について、猛烈な勢いで感想を話してくれました。

  「飛行機が成田に到着したら、水色の服と帽子をかぶった集団が10人くらい、でっかいゴーグルとマスクつけて、長靴はいて乗り込んできた。日本と間違えてアフガニスタンにでも着いたのかと思った。テロ集団の乗っ取りかと思った。

  「全員毒ガスマスクのようなものをつけていた。日本人は頭がおかしくなったのか?」

  「1時間くらい飛行機で拘束された。勘弁してくれ。」

  「全員にマスクが配布されてつけろと命令された。余計なお世話だ。」

  「大阪で新型インフルエンザが広まっていて医者が不足していて大変なパニックになっていると脅された。本当なのか?」

  「トイレに行こうとしたら、同じ飛行機でアメリカから来た日本人が、“なにをやってるの!マスクをつけなさい!”とおばさんに注意されたそうだ。君の国は、本当に何がどうなったんだ?」

  「変なカメラで全員チェックされた。まるで病原菌扱いだ」

  「まるで、映画のワンシーンのようだ。日本中でこのようなコメディが繰り広げられているのか?

  「出張が多いという近くにいたアメリカ人にも聞いてみたが、こんな奇妙な国は初めてだといっていた。ちなみに我が国(アメリカ)では新型インフルエンザで死者も出ているが、こんな騒ぎは一切ない。テレビでもやってない。」

  「ただ。。。アメリカの私の地元でも、マスクで防備している人はいるんだが。。。どうも日本からやって来た日本人だけがマスクをしてるようなんだ。マスクをつけてる人を見たらそれは日本人だってちょっとした笑いものになっている」

  「私も含めてアメリカ人はみな、もらったマスクをどう処理すべきか困っていたよ。私はもう捨てたけど。」

  まさか、日本は税金でこんなことをやっているのか? 日本人はこのように税金を無駄遣いされて怒らないのか? なんて心が広いんだ。」

  「しかし、これは本当に有能といわれている日本の官僚が考えた新型インフルエンザ対策なのか? 本当に信じられない。」


以上が、アメリカ人の率直な意見です。
最後に、アメリカ人の彼はこう白状しました。

  「私はビジネスクラスでやってきて、そこにいたのはほぼ全員アメリカ人だったが、最初はみんな我慢していたんだが、途中からみな我慢できなくなった。なにがかって? 別に我慢できなくなって怒ったわけではないぞ。みんな我慢できなくなって爆笑したんだ。あれはもう笑わずにはいられない。私も今年一番大笑いさせてもらったよ。」

  「ごめんよ。私も君の事は好きだが、こんな日本の対応には爆笑せずにはいられなかったんだ。あっはっは。いま思い出しても笑いが止まらないよ。はっはっはっ、ごめんごめん。」

  「私の近くの座席にいたのはジャーナリストかもしれないが、彼は写真を撮っていた。気の毒だが、この日本の滑稽なシーンが世界中に配信されるかもしれない。」(執筆者:為替王)
(2009年5月20日 サーチナより引用・一部改編)
 厚生労働省は、自らの組織(検疫所)の負担のみを減らし(機内検疫の中止)、無意味な発熱相談センターでの振り分けはまだ続けて、地方にだけより過酷で、根拠のない負担を押し付けて来ました。

 もうみんな意味のない新型インフルエンザ対策に心底疲れ切っています。いつまでこんなこと続けるんですか?有能といわれている日本の官僚さん?もう疲れた~眠い~

スポンサーサイト
[ 2009/05/22 11:00 ] 海外へ行く時 | TB(0) | CM(13)

サーチナがソースって…

新型インフルエンザ発生までは勉強になる記事も多かったのですが、いざ本番になると文句と愚痴ばかりですね。あなたも行政側でしょう?
忙しいとか疲れたとか言う割に、勤務時間中にサイトを更新する余裕はあるんですね。税金泥棒。
[ 2009/05/22 19:33 ] [ 編集 ]

最悪の事態を想定することが出来ない人は、結局は二流。米国に笑われて何が恥ずかしくて、何が困る?

これだけの豪語をして、もし新型インフルが突然変異をし、多くの死者を出した場合、貴方はまだ笑ってられますか?それとも、また米国はこうだ、と言いますか?
[ 2009/05/22 21:55 ] [ 編集 ]

searchina(笑)

こちらでは強毒性のインフルエンザに備える意味でも皆我慢しています。日本の為とも思っています。
ブログ主の言われる「世界」って、そのアメリカ人と特亜の記者の事ですか?
中共支那の作戦にまんまと篭絡されましたね。
それとも単なる出羽の守でしたか。




[ 2009/05/22 22:40 ] [ 編集 ]

 荒れてますねー。(苦笑)
お仕事が大変なんだろうな、と容易に想像できます。
身体を壊さないように、頑張ってください。

[ 2009/05/22 23:41 ] [ 編集 ]

気持ち、分かりますよ

実質、3日間で発熱外来の立ち上げをしなければならなかったものとして、気持ちは、すごく分かります。愚痴る権利は、十分あると思います。お仕事、がんばって下さい。
[ 2009/05/23 00:15 ] [ 編集 ]

いじめ?

しかし、厚労省は、なぜ大きな変更を、週末にばかり決めるのだろうか。ふりまわされる身になってほしいところだけれど。それとも土・日は休みたいのかしら・・・
[ 2009/05/23 03:11 ] [ 編集 ]

笑って言ってやればいいのに。
「避難訓練ですから。」って
[ 2009/05/23 22:26 ] [ 編集 ]

がんばってください

いつも勉強になります。ありがとうございます。

現場で、頑張ってられる方に投げつけられる、こころないコメントにはうんざりします。

>最悪の事態を想定することが出来ない人は、...
専門家の意見に、誠実に向かい合うことなく、半可通に非難がましいことだけいい放つのは、やめましょう。

今回の経緯をみれば、たとえ強毒性であったとしても大げさな検疫は費用対効果が悪すぎです。リスクマネジメントは常にトレードオフを考慮しなければ意味をなしません。
[ 2009/05/24 02:49 ] [ 編集 ]

外国人の反応について

配布されたマスクを着用しないで捨てたって、どういうことでしょうか?
感染地からやってきたんだから、すすんで着用して日本人に感染しないように心づかいするのが、人間のあるべき姿のはずです。まったく許せません。このような迷惑外国人の行動を規制できるような法律を制定すべきだと思います。腸(はらわた)が煮え繰り返る思いです。
[ 2009/05/24 14:32 ] [ 編集 ]

追跡調査

空港での検疫が簡素化されました。
しかしです、簡素化前に帰国した人全員の体温報告は続けています。なんで?
全くちぐはぐな行政対応です
[ 2009/05/24 16:57 ] [ 編集 ]

そうですかね

修学旅行中止にしたり学校閉鎖したりしたからこそ感染がアメリカみたいに増えずにすんでるのでは?
[ 2009/05/24 20:13 ] [ 編集 ]

アメリカ様が一番

そもそもアメリカは個人主義の国ですよね。
皆でマスクをして感染を広げないように努力しようというのは、輪を大切にする日本人の良いところじゃないですか。
自分が発症していなくても、感染国から来たのだから万が一を考えて訪れる国のために気をくばるのが思いやりでは?

自分の国ではマスクが信用されていないにしても、日本ではマスクが信用されているんだ、なら滞在中はあわせよう、それが大人だと思うのですが。

大体、マスクや防護服がおかしいからと爆笑したり
マスクを捨てたり、子供じゃないんだから(笑)
自分の価値観でしかみれない事は幼い事です。

アメリカ人に笑われようとフランス人に笑われようといいじゃないですか。

誰かがいってました。
「人は人。うちはうち。」
[ 2009/05/25 00:40 ] [ 編集 ]

アメリカの感染者数を見ろ!

5/23日現在、アメリカの感染者数は6552人、なんと、死者9人。発生したメキシコを越えてます。さらに、把握できてない感染者が1000人以上はいると思われている。
感染対策の先進国と思われていたアメリカ、あまりにお粗末じゃないでしょうか?
今まで、感染対策はアメリカを見習わなければなんていっていた医師もいっぱいいました。アメリカに留学する若い医師も多いけど、ふたをあけてみれば、アメリカのこのお粗末さ加減。幻滅しました。
[ 2009/05/25 09:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/472-e6b7a50b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。