TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザの診断に1回5万円以上!? 

現在、新型インフルエンザの診断は、
国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター
および
地方衛生研究所
でのみ、正式に実施されています。

 しかし、研究試薬としては、以下のようにいくつかの会社が販売をしています。

コスモ・バイオ株式会社
http://www.cosmobio.co.jp/product/raku/01590001.asp

 これはRT-PCR法を用いる試薬です。

 値段は96回分で75000円とのこと。1回約750円です。

 実際に検査するときは、ポジティブコントロール、ネガディブコントロール、人型H1N1、H3N2などを同時に検査し、他の高価な試薬も利用するので、1回あたり5万円くらいかかると衛生研究所の方に聞きました。

 それに更に光熱費、人件費が加わるということです。

 この検査を行うことによって、その後の患者の治療方針が変わるのであれば、5万円かける意味はあるでしょう。

 しかし、この検査を行っても、患者の治療方針は変わらず、むしろ人権を抑制する勧告入院ができるようになるだけです。この検査を行っても行わなくても、患者さんの予後は変わらないのです。

 このようなお金の掛け方は費用対効果の観点から、明らかに税金の無駄使いです。多くの国民はこのような税金の使い方を知らないと思いますので、指摘させていただきます。

スポンサーサイト
[ 2009/05/31 00:00 ] 豚インフルエンザ | TB(0) | CM(4)

それに、保健所が地衛研に搬入する人件費、輸送費(タクシー代等)も含めるともっとお高い
[ 2009/05/31 14:25 ] [ 編集 ]

ウイルスの推定家系図

製品評価技術基盤機構・国立感染症研究所

 兵庫・大阪で発生した集団感染の患者から分離された
 新型インフルエンザウイルスの全遺伝子塩基配列を解読
   http://www.bio.nite.go.jp/release/press20090529flu.html
   http://www.bio.nite.go.jp/release/press20090529flu.pdf

 新型インフルエンザウイルスの推定家系図← オススメ
   http://www.bio.nite.go.jp/release/press20090529flusankou.pdf
[ 2009/06/01 23:21 ] [ 編集 ]

税金の無駄使いなのかどうか

はっきりさせるためにも、データを出していただきたいものです。
[ 2009/06/03 08:44 ] [ 編集 ]

補足ですが

現場(発熱外来を担当する医師、看護師、事務職員たち)は、今なされている発熱外来での調査が、患者の予後を左右するものではないことは百も承知であって、疫学調査をするためということだからこそ、協力してるのだと思います。疫学調査にすらなっていないのならば、止めればよろしいかと思います。
[ 2009/06/03 08:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/476-42d98aef










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。