TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発熱外来とトリアージ(1) 

トリアージの意味
 トリアージ(Triage)とは、災害発生時などに多数の傷病者が同時に発生した場合、傷病者の緊急度や重症度に応じて適切な処置や搬送を行うために傷病者の治療優先順位を決定することを言います。救急の原則と言われている3つのT、選別(Triage:トリアージ)、治療(Treatment:トリートメント)、搬送(Transport:トランスポート)の3Tのひとつです。トリアージ(Triage)は、フランス語で「選別」を意味する「trier」に語源を発し、良い物だけを選り抜く、選別するという意味で、フランス繊維商人が羊毛をその品質からいくつかのクラスに区分けするのに用いた言葉と言われています。医学の世界に応用されたのはナポレオン時代で、傷ついた多くの戦傷者の中から比較的軽傷者を手当てして戦線に復帰させ、重症者は後回しにするという戦略的な言葉として用いられたが、今日のようなトリアージの概念が確立されたのは第一次世界大戦後です。

トリアージタッグとは
 トリアージタッグとは、トリアージの際に用いる識別票(下図)のことです。災害現場で救助された負傷者は、トリアージ実施責任者によりトリアージ区分されます。そして、その区分に基づき医療機関に運ばれ必要な処置、治療を受けることになります。タッグに記載された内容は、適切な治療を受けるための重要な情報であり、被災地内の医療機関においては簡易カルテとして利用することも可能です。又、受入れ患者の総数や傷病程度別患者数をより的確に把握するこができます。
 用い方は、負傷者の右手首にタッグのゴム輪を二重に巻きつけますが、不可能な時は左手首→右足首→左足首→首の順になります。尚、タッグ用紙は3枚つづりで、1枚は災害現場用、2枚目は搬送機関用、3枚目本体は収容医療機関用となっております。

triage.gif

優先度

識別色

分類

傷病等の状態

第一順位

赤 色

救護処置、
搬送最優先順位群
(重 症 群)

体幹に重大な危険が迫っていて、速やかに(5~60分以内)に救急医療機関で治療を開始すれば救命可能な人

第二順位

黄 色

優先順位2番目群
(中等症群)

今すぐに治療しなくても生命に影響はないが、放置しておくと生命の危険がある人

第三順位

緑 色

軽処置群
(軽 症 群)

トリアージタッグは未使用(手に取り付けるだけ)、救護所または近所の医院での救護処置で間に合う人

第四順位

黒 色

不搬送、不処置群
(死 亡 群)

体幹や頭部に重大な損傷があり、既に生命反応がなくなりかかっている人、または既に死亡している人

以上、社団法人 松阪地区医師会HPより引用
発熱外来でのトリアージ
 発熱外来でのトリアージはこのようなイメージでしょうか。

優先度

識別色

分類

傷病等の状態

第一順位

赤 色

救護処置、
搬送最優先順位群
(重 症 群)

入院治療が必要な危険が迫っていて、速やかに感染症指定医療機関等で治療を開始すれば救命可能な人

第二順位

黄 色

優先順位2番目群
(中等症群)

入院治療が必要なほど生命に影響はないが、タミフルなどの抗インフルエンザ薬の投与が必要な人

第三順位

緑 色

軽処置群
(軽 症 群)

新型インフルエンザの疑いはなく、近所の医院での治療で間に合う人

第四順位

黒 色

不搬送、不処置群
(死 亡 群)

既に生命反応がなくなりかかっている人、または既に死亡している人


 発熱外来で、「黒」と判断することはない様にも思いますが、一応入れておきました。

 発熱外来では、発熱患者をトリアージすることになっています。
 しかし、災害現場でのトリアージについては日本でも阪神淡路大震災や、兵庫県福知山線JR脱線事故、新潟県中越地震、新潟県中越沖地震などの経験を踏まえ、DMATなどの災害医療体制が整備された結果かなり認知度が高くなっていますが、現在の国のガイドラインでは、「だれが新型インフルエンザ患者のトリアージをするのか」決まっていない(すなわち、感染症の専門家だけではなく、内科、さらには診療科を問わず全ての医師が対応することになっている)」ことが問題です。
 トリアージには、訓練が必要です。 訓練なしでのトリアージでは、トリアージされた患者が悲惨です。 (急遽借り出された皮膚科医・眼科医にトリアージされ、「あなたは緑色です」と診断される可能性もあります。国民はこのような計画が進行中であることを知るべきです。)
 この辺りが行政の計画の限界です。解決方法は見つかりません。

スポンサーサイト
[ 2008/09/11 00:01 ] 発熱外来 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/48-c52d68bc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。