TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「冷静な対応」ができない根本的な理由 

 厚生労働省の新型インフルエンザホームページの

政府の対応
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_taisho.html#taisho_01

をクリックすると、

冷静な対応へのお願い

が掲載されています。 kouseiroudoushoureiseinataiou.gif
 厚生労働省の根本的な誤りは、

 「冷静な対応へのお願い」が到底無理な感染症法上の新型インフルエンザの扱いをしているからです。

 症状が軽く、入院がまったく必要がない患者を感染症指定医療機関に入院させる現在の新型インフルエンザの扱いは、 「冷静な対応」などとは対極に位置するものです。

 根本的には、新型インフルエンザと診断されても、人間らしい生活ができる体制を整えない限り、「冷静な対応」は不可能です。

 現在、発熱患者は救急搬送されても理不尽に受け入れ拒否(患者処置中のためのいわゆる「受け入れ不可能」ではなく、救急医の手が空いているにもかかわらず、本当に受診を拒否している)となっており、DOA(dead-on-arrival 病院到着時に死亡しているという意味)症例も多数報告されています。

 Swine Fluを新型インフルエンザに厚生労働省が認定したために、(受け入れ拒否する病院も悪いですが)救われるはずの命が奪われているという事実は見逃せません。
スポンサーサイト
[ 2009/06/02 00:00 ] 諦めの気持ち | TB(0) | CM(1)

たしかに

怒りながら、「発熱外来」を受診してくる人がいます。こっちに矛先を向けられても、と思いますが、気持ちはわかります。すっかり解熱しているにもかかわらず、旅行歴だけで受診指示をされているのですから・・・
各地の保健所は、発熱相談センターの相談件数、発熱外来への紹介数、PCR検体提出数、ブタH1N1陽性数などを、一旦まとめて、それぞれで発表すべきじゃないでしょうか。これ自体はたいした手間ではないでしょう。そのデータを元に、今後の施策を決めるべきかと。
[ 2009/06/02 08:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/483-a61cea92










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。