TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今頃「自宅療養」の方針を厚労省が打ち出している 

 新型インフルエンザをめぐる国内対応の見直し案づくりを進めている厚生労働省は16日、軽症の感染者については全地域で原則、自宅療養とし、入院措置をとらない方針を固めた。感染の広がり度合いに応じた現行の地域分類を廃止し、重症患者やぜんそくなど重症化につながる疾患を持つ人への感染防止対策にシフトする。専門家の意見を聞いた上で、週内にも正式決定する。

 現行の国内対応は、地域を(1)感染者発生が少数(2)急速に患者数が増加-に2分類。(2)の地域では軽症者のみ自宅療養としているが、(1)の地域では症状にかかわらず入院措置をとるよう都道府県に求めている。

 見直し案ではこうした地域分類をやめるとともに、軽症患者は原則、自宅療養に切り替える。入院措置はとらず、感染拡大の恐れがある場合に入院させることが可能とするほか、重症化につながる基礎疾患のある患者は初期症状が軽症でも入院を考慮するよう促すとしている。

 また発熱症状がある人の治療について、現行は(1)の地域では発熱外来を設置する医療機関に限定しているが、見直し案では「原則としてすべての一般医療機関で診療を行う」とし、感染者の待合場所や診察時間を一般の患者と分けるよう促す。

(2009年6月17日 中日新聞より引用・一部改編)

 感染症法をどう運用するかは、各都道府県(保健所設置自治体)の判断に任されているはずです。

 厚生労働省が「入院措置をとらない」とか「入院措置をとる」とか、判断する権限は一切ありません。

 地方をなめてんのか!という記事だと思います。

スポンサーサイト
[ 2009/06/18 00:00 ] 入院・病院 | TB(0) | CM(4)

どっちもどっち

これは双方に言い分(共にレベルが低い)がありそうですなあ。
5月に症例定義の改訂で入院は柔軟にと言っているのに、相変わらず軽症を入院させている県がありますから・・
[ 2009/06/18 08:35 ] [ 編集 ]

言わんこっちゃない

本日の大分県日田市の対応をみれば・・・何をか言わんや
相変わらずH5N1に対して策定されたマニュアルで行動している。
[ 2009/06/18 22:08 ] [ 編集 ]

今までの季節性インフルエンザへの対応

新型インフルエンザ対策の新指針に対しに自治体困惑
「今までやってきたことは何だったのか」・・・
なるニュースが流れているが、そもそも間違った対応をしてたわけであるから当然でしょう。

困惑しなければならない自治体は今までの盲目的な対応を反省する必要があります。

また感染を心配する医療機関には、「今まで季節性のインフルエンザ患者にどのような対応をしていましたか」と問いたい。外来で他の基礎疾患のある患者と一緒に待ち合わさせて診療していたのなら、感染対策として論外!!直ちに改善すべきでしょう。

開業医ならば、発熱新患を受け付ける時間帯を指定するのも1つの対応方法ではないでしょうか?熱でぐったりしているのに○○時間待たされたなんて言う不満も減るのでは?

また感染対策している医療機関では、すべての外来患者から10円の感染対策費(自費)を徴収出来る・・・なんて制度がほしいですね。
日本の医療費は、医療従事者の奉仕的労働により先進国で一番安いのですから!!
[ 2009/06/20 12:32 ] [ 編集 ]

全くその通り、ですが

今回の改訂は、読んでいてそれほど違和感が無く、厚労省にしては、まっとうなものを出した気がします。しかし、今までの指針とのあまりの激変に、ついていく現場は大変です。秋からのことを考えれば、しょうがないですけど。
改訂で示されている「発熱外来機能」の考え方は、正しいとおもいます。ですが、現実、これをなすのは、相当大変。ハード面で対応することはとても困難ですから、ソフト面でしのぐしか、ないでしょう。そのときには、医療機関側だけではなく、受診する方たちの協力が必須です。
「発熱外来機能」をもたせた診療に対して、保険点数上での特別加算をつけたりすれば、医療側はやる気になるんじゃないかと思ったりしますね。
[ 2009/06/21 09:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/502-c0e12c81










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。