TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コピペのまま全国に情報発信していた厚生労働省 

 厚生労働省は、全国で発生した新型インフル工ンザ(インフルエンザA/H1N1)患者の発生について、保健所などにメールで個別に情報提供をしていました。

 しかし、仕事が雑なためでしょうか、時々、

【厚生労働省-情報提供】○○県○○市における新型インフル工ンザ(インフルエンザA/H1N1)患者の発生について

というタイトルのままメールが送られてきていました。

落書きのような事務連絡も然り、コピペのままも然り、

この仕事の仕方はいったい何なのでしょうか。

そんな全数報告も、
【厚生労働省-情報提供】栃木県宇都宮市ほか における新型インフル工ンザくインフルエンザA/H1 N1〉の感染が確定した患者の発生について

各都道府県、保健所設置市、特別区、衛生主管部(局)  御中
各 保健所 御中

標記について、6月25日17時30分における配布資料を送付します。
(様式15~18号)

今まで、原則として各自治体からの報告を受け、その都度報道資料を情報提供しておりましたが、
本件をもってそれを終了し、今後は毎日午前6時締めで「新型インフルエンザ感染確定患者届出一覧」を
作成し、午前9時を目途に情報提供することになりましたのでお知らせします。

厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部事務局
 国内班
というメール1008人目の確認患者を最後に終わってしまいました。

その後は1日1回全国分まとめてメールが来るようになりました。

スポンサーサイト
[ 2009/06/28 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/511-eebe8087










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。