TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

感染症差別意識を国民に植え付けているのはマスコミ 

ハンセン病と新型インフル 変わらない、日本人の感染症差別意識

 国は過去のハンセン病対策に、謝罪と反省を表明している。しかし、同じ感染症である新型インフルエンザ対応では、「隔離」という言葉が飛び交い、感染者やその学校に根拠のない誹謗(ひぼう)中傷が殺到した。「ハンセン病対応でみられた感染症への誤った対応が、新型インフルエンザ対応でも露呈した」と指摘する専門家らの声がある。

(以下省略)

(2009年6月22日 産経新聞より引用・一部改編)

 産経新聞は、いかにも世間一般が感染症差別意識を持っているかのような記事を書いていますが、感染症差別意識を国民に植え付けているのは明らかにマスコミです。

 行政が「感染症法では隔離という言葉は使われない」と何度も何度も説明しても、新聞記事には分かりやすさを優先して「隔離」という言葉を使うマスコミ。

 菅谷先生も、マスコミが新型インフルエンザ対策の方向性を曲げたと講演会でよく断罪しています。

スポンサーサイト
[ 2009/07/03 00:00 ] 諦めの気持ち | TB(0) | CM(2)

お願い

マスコミさんには、是非、海外の新型に対するサーベイランスを、調査報道してほしいです。日本のやり方は異常だとおもうのだけれど、海外ではどうやっているのか、さっぱり分かりません。
[ 2009/07/04 14:50 ] [ 編集 ]

煽情報道

たいがい、マスコミは人が犬を噛んだときしか報道してくれませんが、お願いだから、煽るのだけはやめてほしいです。伝えるなら、冷静に。読んだ人の感情に訴えかけるような記事はやめて下さい。新聞記事の中では、日経の特集記事あたりは読むに耐える気がします。だてに、日経メディカルが配下にあるわけではない?関係者じゃないですよ~念のため。 :-) 
[ 2009/07/06 13:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/512-bdeac580










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。