TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インターネット版「官報」で新型インフルエンザの新たな基準公布 

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則の一部を改正する省令が、今日公布されます。インターネット版「官報」 で読むことができます。

 省令は、大臣によって署名された後、その省令に定められた施行日から施行されます。改正感染症法施行規則は、平成21年7月24日に施行されます。

 施行日はとても重要です。7月23日に新型インフルエンザの孤発例がPCR検査で確認された場合、医師は保健所への届け出義務がありますが、24日なら届出をする必要がありません。。

 全ての国民がこの官報を読むことは100%ありえませんが、国民が知ろうとすれば知ることができる状態になっているとは考えられます。ここでは、一つの擬制がなされています。「擬制」というのは、そう見なしてしまうということです。ここでは、国民が実際には法律の内容を知ることができるかどうかを問わずに、それができるものとみなしたということです。

 すべての国民が法律の内容を知ることができるようにすることは、現実には不可能なので、こうした擬制を行わざるを得ないことになっています。

 現在も、インターネットで官報を読むことができます。まあ、これを一般国民が読むことは99%ないですが…。

スポンサーサイト
[ 2009/07/22 00:00 ] 国・国会・内閣官房 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/536-56003043










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。