TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最初の数例を報告すると、マスコミに追い掛け回される 

 平成21年7月24日の厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部事務局による衛生主管部への事務連絡によると、以下のケースにおいては、 最初の数例については、厚生労働省と地方自治体の連携のもと、公表を行うこととなっています。
(1) インフルエンザ様症状を呈する患者の集団発生について、50人を超える規模のものを把握した場合
(2) 医療機関において、入院患者又は職員で、インフルエンザ様症状を呈する患者の10人以上の集団発生を把握した場合
(3) 社会福祉施設等において、入所者、利用者又は職員等で、インフルエンザ様症状を有する患者の10人以上の集団発生を把握した場合
(4) 新型インフルエンザ(A/H1N1)の入院患者が、入院中に人工呼吸器を使用したこと、急性脳症を発症していること又は集中治療室に入室していることを把握した場合
(5) 入院の有無にかかわらず、新型インフルエンザ(A/H1N1)と診断された患者が死亡した場合又は死亡した者について確認検査により新型インフルエンザ(A/H1N1)と判明した場合
(6) 新型インフルエンザウイルスの遺伝子分析等により、抗原性の変化や薬剤耐性等を確認した場合
(7) その他、公衆衛生上、迅速な情報収集や対応が必要と思われる場合

 この基準のうち、(4)くらいでマスコミに公表するということには、病院関係者はとても抵抗があると思います。なぜ、新型インフルエンザ(A/H1N1)の入院患者が、入院中に人工呼吸器を使用したり、集中治療室に入室しているだけで、公表しなくてはいけないのでしょうか?理解に苦しみます。

 医師は、新型インフルエンザであろうとなかろうと、患者の命を救うため、患者の病状を改善させるために、懸命な努力をしています。なのに、(4)程度の事実で公表するということは、医師が新型インフルエンザウイルスの検査を行うことをためらわせます。

 入院患者に対して新型インフルエンザウイルスの検査を行う
→その病院及び主治医は、マスコミ対応に追われる。しかも、病院は映像としてニュースで繰り返し流され、さらし者に。
→そのニュースを見た他の病院の医師は、「こんな目にあうのなら、ウイルスの検査なんてしない!」と考える。


という悪循環に陥ります。

運の悪い、まじめな病院は日本のどこになるのでしょう?

スポンサーサイト
[ 2009/07/30 00:00 ] 入院・病院 | TB(0) | CM(6)

うちがなりそうです

インフル プラス 重症感染症が入院しました。既往には、とある先天性疾患とインフル脳症と肺炎があり、過去にレスピレーター使用歴あります。悪化したらレスピをつけますが、公表されてしまうのですね。気にしないようにします。風評被害は今はどのようなものになるのでしょうか。
[ 2009/07/30 05:27 ] [ 編集 ]

なるなら今のうち

今マスコミにとって旬は衆院選のマニフェストなので、鳴り物入りで公表しなければ新聞の片隅程度でしょうね。
・・と日本のマスコミ期待しています(皮肉です)。
[ 2009/07/30 08:34 ] [ 編集 ]

情報/のギャップ

立場上、保健所発・医師会経由で届く、地域でのクラスターサーベイで見つかった「新型」の情報を、ほぼ毎日、目を通しているのですが、クラブの合宿などで若人が集まっているせいか、とんでもない数のクラスターが報告されています。実際、うちにも若人が受診して、PCR(+)の診断がついたケースがあります。しかし、気持ち悪いくらい報道されないし、一般の人たちは、そういう状況を全く知らないですね。
医療関係者は、「新型」が市中に十分蔓延していることを周知していると思うのですが、一般の方は、そうではない。初冬~冬になってから報道が急に賑わうと、一般の人たちにとっては、寝耳に水で、パニックになりそうで、心配です。
今のうちから、ある程度は報道してもらって、一般の方たちに、「新型」に関する「情報」に対する「免疫」をつけていただきたいなと思うのは、私だけでしょうか。
[ 2009/07/30 09:43 ] [ 編集 ]

依然として地域差がある?

当地では気味が悪いくらいにインフルエンザがいません。
発熱患者が受診すると内心期待するのですがハズレばかりです。全国の発生状況も偏っていませんか?

お盆の帰省後にならないと出ないのかなあ。
出ても9月の連休までに峠を超えて欲しいです(貴重な夏休みです)。
[ 2009/07/30 16:24 ] [ 編集 ]

クラスターサーベイランス

うちに受診したクラスターからは、計6人受診し、2名からPCR検体をとって「新型」陽性となり、確定例の届出を出しました。「感染症法施行規則第3条第3号」による行政から「疑似症」報告の指示が出て、残り4人を「疑似症」で届出しました。他の医療機関に受診した人もいますが、その医療機関がある場所が、当地の行政区と違うため、「疑似症」報告の指示は出さないようです。
予想していたことですが、クラスターサーベイランスはあまりに煩雑です。行政区をまたがったクラスター(遠方から通う生徒がいる私立の学校など)が発生した場合は、どうするでしょうか。今回担当した行政の方も悩んでいました。このサーベイで集まったデータが、何の役に立つのか、さっぱりわかりません。行政、臨床それぞれの思惑が錯綜しすぎていて、結果として、実態を全く反映しないと感じました。
[ 2009/07/30 21:29 ] [ 編集 ]

アホな事務に悩まされる

発熱外来をなくし一般病院でも・・・
の方針にしたがって院内の掲示(保健所指示)をはずす。

までは良いのですが、「これからは発熱患者は区別せず診療します」と解釈する事務系(たぶん看護部管理職の一部も)には困った。

うちではSARS以来、発熱患者は分けて対応することにしていたのに、すべて廃止する発想しかない(過去の記憶がない、学習能力がない)・・・
[ 2009/07/31 09:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/540-c88d399b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。