TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

参議院職員と海外渡航歴 

参院職員が新型インフル感染 全国会議員に注意喚起
(参院事務局は29日、30歳代の女性職員が新型インフルエンザに感染したと発表した。国会職員で感染が確認されたのは初めて。事務局はすべての国会議員と職員に注意を促す文書を配布。国会見学は中止せず、入館者にはこれまで通り手の消毒を呼び掛ける方針。

 事務局によると、この職員は28日に発熱。29日に横浜市内の病院で診察を受け、症状などから新型インフルエンザと診断された。現在は自宅で療養している。一般客や国会議員と接する業務ではなく、最近の海外渡航歴もないという。(時事)

(2009年7月29日 朝日新聞より引用・一部改編)

 参院職員が発病しようが、参議院議員が発病しようが構わないのですが、最近のニュースで気になるのは、「最近の海外渡航歴もないという」という一文です。

 奇しくも、厚生労働省が、「海外渡航歴があったのは患者の2割」という発表をしました。

 「最近の海外渡航歴」の有無は、もはや必要のない情報です。

 日本人は、慣習を守るのが得意なようです。 

スポンサーサイト
[ 2009/08/01 00:00 ] 国・国会・内閣官房 | TB(0) | CM(1)

>症状などから新型インフルエンザと診断された。

症状から新型インフルエンザが診断できるのでしょうか
[ 2009/08/01 05:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/544-3640eb23










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。