TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NESIDの限界 

 感染症法では、感染症の発生を迅速に把握することによって、感染症の予防と拡大防止、そして国民に正確な情報を提供することを目的として、日常的に種々の感染症の発生動向を監視しています。これは感染症を診断した医療機関からの報告を基本としているが、これらの報告を一元的に効率よく収集解析するために、地方自治体と国の行政機関を結ぶネットワーク、あるいはインターネットをベースに構築された電子的なシステムをNESIDといいます。

 新型インフルエンザA/H1N1は、2009年4月28日に新たに厚生労働大臣が認定した感染症であったため、ずっとこのNESIDを使うことができず、各保健所から都道府県、厚生労働省への報告はFAXで行い、それを1枚1枚数えるという気の遠くなり作業をしていました。

 しかし、8月当初から、NESIDに新型インフルエンザA/H1N1が登録され、7月24日からの改正省令定義以降の入力が保健所に求められています。

 疑似症も含めて報告の必要があるため、保健所の負担はかなり重いものがあります。

 しかし、NESIDには致命的な限界があります。

 NESIDに登録すると、1つの症例に1つのIDが割り振られます。

 そのIDは2009からはじまり、全部で9桁です。

 ということは、日本の感染症全体で、10万症例しか入力できません。

 新型インフルエンザの患者が10万人を超えるなんて、あっという間だと思います。

 厚生労働省は、このNESIDの限界に気がついているのでしょうか?(きっと気づいていない)

 また施行規則の改正が行われる日は近いです。

スポンサーサイト
[ 2009/08/26 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(3)

何故?

素人的質問をします。何故、このような状況でマスクをする者がほとんど居ないのか?やはりメディアが大事に取り上げないから?すまんが誰か分かり易く教えて下され。不思議でたまらん。
[ 2009/08/26 16:23 ] [ 編集 ]

12条の届出

医師の届出、不要になったようですね。何だったんだろうかなあという感じですが。クラスターは調べ続けるみたいですが。
[ 2009/08/26 21:40 ] [ 編集 ]

マスクの議論

下記アドレスの、こちらのブログの記事がご参考になるかもしれませんが。
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/blog-entry-528.html
[ 2009/08/27 15:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/549-7e3fa6f5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。