TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄は新型インフルエンザまん延中?それともH3N2? 

沖縄県感染症情報センター

http://www.idsc-okinawa.jp/

のホームページを見てみると、沖縄県のインフルエンザ発生状況は、全国平均と比較すると、以上に高い数字のインフルエンザ報告が見られることが分かります。(が全国、が沖縄)
okinawa200930.gif

31週は定点当たり約12人もの報告があります。

例年のこの時期の報告は0.01ですから、
約1000倍の患者数がいるのです!!!

特に、中部保健所管内の報告が異常に多いようです。

これは、地域の真の感染状況を表しているのか、それとも、ある特定の(熱心な)インフルエンザ定点医療機関が存在するからなのか、興味深いです。

沖縄県衛生環境研究所報 第40号 (2006)に「沖縄県におけるインフルエンザ発生動向について」という報告がありました。

http://www.eikanken-okinawa.jp/syoho/shoho40/image/129-132.pdf

 沖縄は他の地域と比べると、アメリカとの交流がより深い地域であるため、その動向に注目されます。

インフルエンザ流行注意報(8月6日付) が発令されていました。
http://www.pref.okinawa.jp/hukushihokenkikaku/files/influenza/influryukotyuiho0806.pdf
スポンサーサイト
[ 2009/08/11 00:00 ] 地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/551-24f330f4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。