TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年5月8日に新型インフルエンザA/H1N1患者が日本国内にいたことが判明 

 横浜市衛生研究所が、リアルタイムRT-PCR検査およびRT-PCR検査では陰性であったが、分離培養検査で陽性と判明した事例を公表しました。
(前略)
 このうち5月8日採取の検体から分離した症例は、横浜市で6月6日に遺伝子検査により確定した第1例目より1カ月早く、国内では一番早い分離例となったのでその詳細を報告する。

(中略)

 当所では5月8日に採取した検体について遺伝子検査を実施した。リアルタイムRT-PCR検査およびRT-PCR検査でA型共通のM遺伝子、AH1pdm HA遺伝子、季節性AH1、AH3型のHA遺伝子検索を行ったがすべて陰性であった。分離培養検査ではMDCK細胞を用い、培養液に2%アガロースを加えたプラーク培養を行った。培養2代目にCPE陽性となり、リアルタイムRT-PCR検査でAH1pdm HA遺伝子を確認した。また、分離株はモルモット血球に対し16HA価を示し、HI試験ではAH1型抗血清(A/Brisbane/59/07)やAH3型抗血清(A/Uruguay/716/07)に反応しなかった。

 この最初の分離株A/横浜/1000/2009と他のAH1pdm分離株についてHA、NA、M遺伝子を調べた。HA遺伝子ではA/横浜/1000/2009は5月までに国内外で分離された株と相同性が高く、6月以降に横浜で分離された株(諸外国からの輸入例を含む)にみられたアミノ酸置換(206番目のアミノ酸がセリン:Sからスレオニン:T)した株とは異なっていた(図2)。NA遺伝子ではオセルタミビルに対する耐性変異(H275Y)はみられず、また、M遺伝子ではアマンタジンに対する耐性変異(S31N)を持っており、これまで報告のあったAH1pdmの特徴がみられた1)。
(後略)

(2009年8月6日 感染症研究所感染症情報センターIASRより引用・一部改編)

 国内第1号患者は、成田空港検疫所での発見例でも、神戸市内の高校生でもなく、横浜市内の28歳女性であるという報告です。

 これは大ニュースです。

 マスコミは何故大々的に取り上げないのでしょうか?

 このニュースから分かることは、

 新型インフルエンザ患者をもれなく検査診断で検体採取から数時間以内で診断することの困難さ

 です。

 分かりやすく書いてしまえば、

 新型インフルエンザ患者を確実にもれなく診断することは不可能であり、検疫所での封じ込めや、日本各地で行われた発熱外来による封じ込めの茶番さが立証された

 ということです。

 このニュースの重大性にマスコミはもっと気づいてほしいです。

スポンサーサイト
[ 2009/08/10 00:00 ] 諦めの気持ち | TB(0) | CM(4)

培養で陽性の1例目では?

元の記載では、培養で陽性の1例目というふうに解釈されませんか。ですから、やっぱりPCRでの陽性は神戸が先ではないでしょうか。
[ 2009/08/10 16:01 ] [ 編集 ]

ミスリーディングしています

これはすでにコメントがあるように、国内での発症第1例ではなく、「分離培養で同定された第1例」ということだと思います。大々的に取り上げる理由はないと思います。
お気づきではないようですが、別の部分で非常に示唆に富む報告ではあると思います。
[ 2009/08/10 17:50 ] [ 編集 ]

PCRでの陽性はもちろん神戸が第1号ですが、国内患者としては横浜が第1号であり、この横浜から神戸PCR第1号までの間に複数の国内患者がいたことが推定されます。

神戸第1号での大騒ぎを反省する意味で、大々的に取り上げるべきなのですが、マスコミは自己反省をしないのが特徴案ので、まずこのニュースを取り上げることはないでしょう。
[ 2009/08/10 20:49 ] [ 編集 ]

ちがいます

神戸市でもっとも早い発症が確認されているのは5月5日発症例です。RT-PCRで確認されています。
6月上旬に厚労省が発表し、報道もなされています。
厚労省が発表していた流行曲線でも5月5日発症例が示されていました。
http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/shakai/influenza09/0001989533.shtml
[ 2009/08/11 09:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/557-e78f699f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。