TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ患者発生後の施設における消毒は不要の根拠 

新型インフルエンザ患者発生後の施設における環境整備について


2009年5月31日


国立感染症研究所感染症情報センター


  兵庫県と大阪府を中心に日本国内でも新型インフルエンザの患者発生報告が連日みられるようになった。本文書は、患者が発生したのちに休校となった学校などの施設における、再開時の環境整備に関する考え方を示す。

 新型インフルエンザの感染経路は今のところ通常の季節性インフルエンザの感染経路と同じと考えられている。つまり、くしゃみや咳をした時に出る飛沫を吸い込んで感染する「飛沫感染」が中心と考えられている。しかし、飛沫が付着した物に触れた手で口や鼻などを触って感染する接触感染的な要素も、本疾患の伝播に多少は関与していると考えられている。

 従って、新型インフルエンザ患者が居た場所の周囲に飛沫が付着している可能性はないとは言えない。しかしながら、インフルエンザウイルスの環境中における生存期間は2~8時間程度であり、感染者がいた直後であればともかく、一定時間を経過した後であれば、環境中にウイルスが残存していることを心配しての消毒等は意味がなくなる。つまり、学校も含めた施設において感染のあると思われたものがそこから離れて半日以上経過した後には、特別な環境整備を行う必要はない。

 なお、日常の清掃、清潔は常に重要である。

(2009/6/1 IDSC 更新)

(2009年6月1日 感染症研究所感染症情報センターより引用・一部改編)

 新型インフルエンザ騒動が小康状態になり、色々な場面で新型インフルエンザ患者と接した後の対応を教えてほしいと聞かれることがあります。

 その中で、必ず聞かれる内容は、

 消毒をどのようにしたらいいですか?

 という質問です。

 上記の感染症研究所感染症情報センターの通知を基に、私はいつも、「半日以上経過した後には、特別な環境整備を行う必要はない。」とお答えしています。

 そうすると、皆さん安心するようです(あんまり手をかけたくないからでしょう。)

スポンサーサイト
[ 2009/09/19 00:00 ] 使えるマニュアル・HP | TB(0) | CM(1)

これが欲しかった!

企業の担当者です。
こういう情報が欲しいのです!必要です!
誤解や迷信が渦巻く中、「正しい知識」を
国が発信すべきです。マスコミも伝えるべきです。
[ 2009/09/19 08:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/558-25a28174










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。