TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する 

最近、人工呼吸器の装着事例や脳炎合併事例が頻繁に公表されていますが、これは氷山の一角。
PCR検査もせずに黙々と患者の治療にあたっている先生方も沢山います。

先日、ある病院の先生に叱られました。

「俺が全部のインフルエンザ入院患者を報告してると思ってんの?そんな患者、結構いるよ!」
「別にPCR検査なんかする必要なんてないよ!厚生労働省の通知?あんな役人の書いた落書きなんて本気で対応する方が馬鹿でしょ」


さて、何故、新型インフルエンザA/H1N1で重症者や死者(日本ではまだ数人ということになっている)が多いのでしょうか。

その答えは、以下のスライドの図で分かります。

comparison_20090814200837.jpg

要するに、特にウイルスの性状が変化しているのではなく、多くの人が免疫を持っていないため、患者総数が多いため、結果として新型インフルエンザA/H1N1による死者や入院患者(重症者)が多くなっているのです。

これが現実です。

なのに、

「ウイルスの性状が強毒化している!」

と叫ぶ人が見受けられます。

そんなことはすぐには分かりませんし、それは実験動物レベルでは観察されても、人間では「臨床症状」という表現型で観察されません。

患者の絶対数が爆発的に増えるから、相対的に重症者や死者が多くなるのです。

ウイルスの性状が強毒化しているという考え方は短絡的ですので、注意しましょう。

スポンサーサイト
[ 2009/08/21 00:00 ] 入院・病院 | TB(0) | CM(8)

GJ!

とてもわかりやすいイラスト、ありがとうございます。周りへの説明に、使わせていただいてもよろしいでしょうか。?
[ 2009/08/21 08:05 ] [ 編集 ]

 毎年、季節性インフルでもたくさんの人が亡くなってます。
報道されてないだけです。

 患者総数の違いもそうですが、
マスコミの注目度の違いも、大いに関係しそうです。
[ 2009/08/21 15:34 ] [ 編集 ]

加です。

全年令での致死率は、季節性相当もしくはそれ以下の見込みのようですが、層別で、若年齢やハイリスク者が、季節性と同等かどうかは、注意しなければならないと思っています。厚労省のhpに上がっている、死亡例の治療経過をみていると、ことさら、そのような気がします。

一般の人たちが「新型」を過剰に恐れることに対しては、今回示されたような図を用いて冷静になるよう説明していきますが、医療従事者には、ハイリスク者に対する対応・治療はオーバートリートメントでもいいと説明していく、つもりです。

マスコミも、今は盛り上がっていますが、1ヶ月半もすれば、息切れすると思っています。ちょうどその頃には、本格的な蔓延期が来ているでしょうから、今のうちに、啓蒙がてら、何でもいいからガンガン報道してくれ、と思っています。そのほうが、組織の幹部さんに対しても、いろいろとアプローチしやすいので。外圧利用、って感じです。
[ 2009/08/22 09:30 ] [ 編集 ]

新型での脳症の頻度

10年近く前に小児のインフルエンザ脳症で一騒ぎがありました。このときは消炎鎮痛剤との関連で話題となりましたが、このときの発症頻度の資料がわからないでしょうか?あれば今回の新型での発症頻度と比較して見る価値があります。

あのときのインフルエンザ脳症の報道騒動も何だったんでしょう。
[ 2009/08/23 11:38 ] [ 編集 ]

サウジアラビアからの巡礼帰りでH1+H5が検出

Promedからの情報です。
やはり、海外渡航歴を有するインフルエンザ患者の重症化例については、何らかのチェック体制が必要だと思います。
[ 2009/09/02 10:36 ] [ 編集 ]

遺伝子再集合

エジプトで流行し始めているらしい、これまでとは致死率が違うH5と今回のH1が、たとえばエジプトで、ブタを介して、再集合する可能性もあるのでしょうか。
[ 2009/09/03 11:45 ] [ 編集 ]

図を引用させていただきました

ウイルスちゃん先生。

ふたたび新型インフルエンザワクチンについて
http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy/archive/2009/11/24

で先生の図を引用させていただきました。

厚かましくも事後の報告で誠に申し訳ありません。
今後も先生のブログを読まさせていただきます。
[ 2009/11/24 07:51 ] [ 編集 ]

インフルエンザ対応

子どもたちの学級閉鎖、学年閉鎖が続いて働くお母さんはてんてこ舞いです。学童へも行けず、児童館へも入れない。元気な子どもはまちで遊んでます。感染を防ぐには家にいなければならないのでしょうか。
[ 2009/11/27 05:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/565-488bccb9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。