TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲームで学ぶ新型インフルエンザ教材(パンデミックフル)の紹介 

ゲームで学ぶ新型インフルエンザ教材(パンデミックフル)の紹介が2008年3月13日に共同通信から配信されました。

 新型インフルエンザについて学べるカードゲームを、厚生労働省研究班(主任研究者・丸井英二順天堂大教授)がつくり、都道府県に配布した。
 カードは32枚で、イラストと解説入り。8種類に分けられ、例えば「自分でできること」の種類は「ワクチン接種」「手洗い」など4枚ある。「神経衰弱」や、同じ種類のカードを4枚集める「カルテット」で遊べ、作成に当たった堀口逸子順天堂大助教は「楽しみながら知識を身につけてほしい」と話している。
 希望者には送付する(郵送料が必要)。問い合わせは、順天堂大公衆衛生学教室、電話03(5802)1049。
 どなたでも申し込み可能と思われますが、欲しい方は電話にて取り寄せてみてはいかがでしょうか?入手したら詳細はまたこのブログにて写真付でお知らせいたします。

http://newinfluenza.blog62.fc2.com/blog-entry-66.html
入手しましたので、こちらを参照下さい。
スポンサーサイト
[ 2008/03/14 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(4)

2/29セミナー(@東京 有楽町の配布物

2/29のセミナーに出たら、以下の2つを配っていました。共同通信で流れているのは 2)の方ですね

1)クロスロード ゲーム(新型インフルエンザ編)

2)新型インフルエンザ カードゲーム「Pandemic Ful」

1)については、以下の資料も参考になると思います。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/79EB4C32-8547-4366-871F-D9EAFE4321A3/0/080207_shiryou01.pdf

[ 2008/03/15 22:09 ] [ 編集 ]

2)のカルテットゲーム付パンフレットの入手方法は以下のとおり。

〒113-8421
東京都文京区本郷2-1-1
順天堂大学医学部公衆衛生学教室
「パンフレット配布希望」(カルテット) と封筒にも 明記の上 500円切手と 送付先住所・氏名など を書いて 郵送してください。
[ 2008/03/17 23:31 ] [ 編集 ]

クロスロード

1)の クロスロード ゲーム(新型インフルエンザ編)については、まだ配ってはいないとのことでした。

実物は見ていませんが、論文としての紹介は 以下の雑誌にでているそうです

「厚生の指標」2008年3月号
「新型インフルエンザ大流行に備えた危機管理研修教材の開発とその有用性の検討
 ーゲーミング・シュミレーションを利用してー」

http://www.hws-kyokai.or.jp/12new-book.html
http://www.hws-kyokai.or.jp/14order.html



[ 2008/03/17 23:34 ] [ 編集 ]

「厚生の指標」

追加の追加情報です。

「厚生の指標」2008年3月号は 論文です。問題カードの中身が表の形で書かれていて、様々な研究成果の報告です。
2/29のセミナーで配られたような厚紙に印刷されたものが ついているわけではありません。
[ 2008/03/19 22:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/57-aed3b538










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。