TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

逮捕容疑者新型インフルエンザ感染で釈放 

逮捕容疑者が新型インフルエンザ感染の疑いがあり、釈放/神奈川県警

 瀬谷署が、器物損壊容疑で逮捕した厚木市の自動車修理工の少年(19)が新型インフルエンザに感染した疑いがあったため、釈放して在宅調べに切り替えていたことが25日、分かった。県警の留置場で新型インフルの疑い例が出たのは初めて。

 同署によると少年は、横浜市瀬谷区の国道246号で乗用車のドアをけって破損させたとして、19日に逮捕された。

 20日午後6時ごろに、移送先の藤沢署留置場で発熱を訴えたため、体温を計測したところ38度を超えていた。その後、瀬谷区内の医療機関でインフルエンザA型陽性と診断された。

 21日朝に熱は下がったが、瀬谷署と藤沢署、横浜地検が協議し、少年が容疑を認めており逃走の恐れも少ないことから、同日午後に釈放したという。

 県警によると、藤沢署の留置場でほかのインフルエンザ感染者は確認されていない。

(2009年8月26日 カナロコより引用・一部改編)

 こんなんで、釈放されるなんて、いい時代ですね。

 国もクラスターサーベイランスの意味がないことに気がついたようですが、この患者のPCR検査が何故行われたのかが興味深いです。
スポンサーサイト
[ 2009/08/28 00:00 ] 移送・搬送・隔離 | TB(0) | CM(1)

「疑い」としかありませんよ

PCR検査したとは書いてありませんが…
[ 2009/08/28 00:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/573-cf39d1be










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。