TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

衆議院総選挙と新型インフルエンザ(3) 

選挙区氏名政党等主な経歴
栃木1区石森久嗣民主新脳外科医。船田元氏を破る
愛知9区岡本充功民主前過去2回は比例。海部俊樹元首相に勝つ
東海(比例)坂口力公明前元厚生労働大臣
東海(比例)吉田統彦民主新眼科医
東京13区
(比例復活)
鴨下一郎自民前元環境大臣、元厚生労働副大臣
神奈川12区
(比例復活)
阿部知子社民前党政策審議会長
徳島3区
(比例復活)
仁木博文民主新産婦人科医。後藤田正純氏に小差で敗れる
 衆議院総選挙で当選した、医師免許を有する人は上記の通りです。

 落選した主な前職としては、以下の通りです。

埼玉14区 三ツ林隆志 自民前
京都3区 清水鴻一郎 自民前
大阪6区 福島豊 公明前
大阪18区 中山太郎 自民前
長崎1区 冨岡勉 自民前


 新型インフルエンザ対策においては、与党も野党も変わらないということで、円滑な引継ぎが行われる模様ですが、それは我々現場のもととしては、

「これまで通り、根拠に基づかない時代どおりの感染症対策も引き継がれてしまうのか」

という危機感を抱いてしまいます。

 国会議員は、一つの分野に精通するよりも、Generalistの方が望ましいという考え方もあります。

 いずれにしても、医学の知識に関しては、それ以外の方々よりも豊富に有していて、情報網もより多い(はず)ですので、彼らの活躍に大いに期待します。

スポンサーサイト
[ 2009/09/07 00:00 ] 議員・政党 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/580-f531c10a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。