TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

独立行政法人医薬品医療機器総合機構 

父親が息子の死の真相解明訴え タミフル訴訟
 インフルエンザ治療薬「タミフル」を服用後に異常行動を起こして死亡した長男=当時(17)=について、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(東京)が「タミフルとは別の薬の副作用」と判断し、精神的苦痛を受けたとして、父親の会社員男性(52)が同機構に慰謝料100万円を求めた訴訟の弁論が17日、岐阜地裁(野村高弘裁判長)であり、父親本人への尋問が行われた。

 男性は、長男の死亡前日からの行動や様子を説明。また、異常行動が死亡の前日の夜と当日朝に服用した別の薬の副作用だったとした同機構の判断については「一番最後(当日昼)に服用したタミフルではないので疑問だった。十分に議論されず、いい加減な調査だ」とし「息子の死の真相を知る権利がある」と訴えた。

 訴状によると、長男は2004年2月、医師が処方したタミフルを服用。数時間後、県内の国道で交通事故に遭い死亡した。同機構は遺族一時金の支給を決めたが、男性はタミフルの副作用が認められなかったことを不服としている。
(2009年9月18日岐阜新聞より引用・一部改編)

 今回の新型インフルエンザワクチンを接種して、副作用被害が起こった場合、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の判断により、それが真に新型インフルエンザワクチンによるものであったか否か、判断されます。

 よく聞くのは、このニュースのように、副作用として認定されないというケースです。

スポンサーサイト
[ 2009/09/30 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/596-b0ed15a3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。