TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これからの流行はインフルエンザとRSウイルスが重なり合う 

福島県立医科大学小児科教授 細矢光亮氏に聞く
これからの流行はインフルエンザだけじゃない
感染症の流行曲線をみると、インフルエンザとRSウイルスが重なり合う可能性が出てきた。新型インフルエンザに目を奪われがちだが、インフルエンザ様の症状で来院する患者、特に乳幼児の中には、RSウイルスの感染者が紛れていることもありうる。「RSウイルスの場合は、乳幼児では重症化しやすい。これからの流行はインフルエンザだけじゃないことを忘れないで欲しい」。福島県立医科大学小児科教授の細矢光亮氏(写真)は、こう警告する。

(以下、ホームページを直接参照してください)
(2009年10月3日日経メディカルより引用・一部改編)

 あまりにも新型インフルエンザに注目が集まっているので、小児に多い他の感染症への注目が疎かになってしまっています。

 それを警告するよい記事だと思います。参考にして下さい。

スポンサーサイト
[ 2009/10/09 00:00 ] 使えるマニュアル・HP | TB(0) | CM(1)

ヒトメタニューモウイルスも要注意

RSウイルス感染症はサーベイランスの対象で動向がわかりますが、ヒトメタは非対象でしかも医療機関では検査ができない、ということで動向がわかりにくいですが、要注意みたいですよ。

<速報>AH1pdm感染後、肺炎を発症した症例よりヒトメタニューモウイルス(hMPV)を検出―神戸市
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/pr3571.html
[ 2009/10/09 09:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/610-7d603684










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。