TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プロ野球の新型インフルエンザ対策 

インフル対策で特例措置=プロ野球実行委
 プロ野球の実行委員会が8日、東京都内で開かれ、インフルエンザに対する特例措置として、今季の残り試合で、出場選手の再登録までに必要な10日間の制限を撤廃することを決めた。
 9日以降のセ、パ両リーグのレギュラーシーズンとクライマックスシリーズの期間中、インフルエンザのため出場登録を抹消された場合は、症状が回復すれば登録できることになる。インフルエンザが新型かどうかを問わず、診断書を添付すれば認められる。
 また、日本シリーズの出場資格は従来、支配下選手の40人以内に限定されているが、今回は制限をなくし、支配下選手すべてに出場資格を与えることになった。(2009/10/08-21:21)
(2009年10月8日時事通信より引用・一部改編)
プロ野球実行委員会とは?

セ・パ両リーグ会長、12球団の代表の計14人によって構成される球界の立法機関。議長を持ち回りとし、コミッショナーの選任、フランチャイズの変更、球団の身売りや、野球協約の改正などを審議する。重要事項の承認には、オーナー会議の賛成が必要。
(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」 より引用)

 もうすぐ日本プロ野球では、セリーグではジャイアンツ、ドラゴンズ、スワローズ、パリーグではファイターズ、ゴールデンイーグルス、ホークスが参加するクライマックスシリーズと、日本シリーズが始まりますが、主力選手が制度のせいで長期間休むことにより、観客の興味を損なうことを防ぐためにも、よいことだと思います。

スポンサーサイト
[ 2009/10/13 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/615-eaf9fb89










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。