TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発熱外来の運営で決まっていないこと(1) 

 発熱外来を運営するに当たり、医師会のドクターからの意見で必ず言われるのが以下の文言です。

 「診療所を閉めて命の危険を犠牲にして発熱外来に借り出されるのに、1日30,000円程度の報償だけでは到底納得できない。自分の診療所で1日あたりの売り上げ程度はもらいたい。自分も感染したら補償はあるのか?」

 医者の賃金は、時給では10000円以上が相場です(最近はそれ以下のところもありますが)。日雇いの場合は、1日60,000円とか、80,000円とかが多いです。当直なら例えば17:00-7:00で寝当直なら5万円程度、救急当直なら15万円から20万円程度でしょうか。

 上の「30,000円」は仮の値ですが、発熱外来で雇い上げるドクターへ、いくらあげるのかを決めている 自治体はあるのでしょうか。
 おそらく、無償での診療となることすら考えられます。
 そもそも、保険診療にすらなるかも決まっていません。
 患者から受診料をもらうかも決まっていません。

 また、院内感染対策は医療従事者なら常日頃から意識すべきで、それにより自分が倒れた場合の保証をまかなう保険も販売されていますので、用心深い医師は既に加入しています。

 発熱外来を開設する状況は、日本に緊急災害が発生している状況であり、個人の診療所をそれまでと同じように開設している状況ではないのですが、その危機感がイメージできないようです。非常事態なのです。お金はあとで何とでもなるものです。医師の使命感が試される状況となります。
 パンデミックが治まった後、逃げ出した診療所の医師は地域で永遠に語り継がれ、地域の信用を取り戻すことはできないでしょう。



(参考)
医師法第19条 【医師の応召義務】
診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。

正当な事由とは
(旧厚生省通達:昭和30年)
正当な事由がある場合とは、医師の不在または病気等により、事実上診療が不可能な場合に限られるのであって、患者の再三の求めにもかかわらず、単に疲労の程度をもって、診療を拒絶することは、医師法第19条違反を構成する。

なお、罰則規定はありません。
スポンサーサイト
[ 2008/03/18 00:00 ] 発熱外来 | TB(0) | CM(2)

命の値段

 発熱外来ってただ働きかと思ってたら、報酬が出るんですね。自分の命だけでなく、家族をも感染の危険にさらすことと引き替えに、医師としての使命感のみでやるものだと思って悩んでいました。
 もっとも、いくら報酬が出たとしても、ちっとも悩みは解決しません。
 それより最前線に出る医師を守ってほしいです。例えば最前線の医師・看護師用に
①プレパンデミックワクチンは効果が出るまでに2~4週間かかるので、今のうちから打っておく。
②タミフルを倍量・倍期間(一日四錠×十日間)分用意しておく
とかね。最低限。
 はっきり言って、何も考えていない地方の自治体に、命を預ける気にはならないです。私は怒ってます。きちんと議論してほしい。
[ 2008/03/18 09:44 ] [ 編集 ]

プロパガンダ

スペイン風邪のとき、アメリカでは、様々な仕事で、半ばボランティアを強制されてたふしがあります。救急車が足りなくて、民間の車を提供してもらったり、食事の配給係りになってもらったりと、いろいろだったようです。医師・看護婦は、引退して何年もたつ人でも、アル中だろうがなんだろうが、引っ張り出したそうです。

折りしも、第一次大戦下で、戦時公債を買うように大キャンペーンを張って、買わなきゃ非国民だくらいの勢いがあったようですから、なんでもありだったようです。医療関係者の多くが戦争に取られていたという状況も大きかったようですが・・・

疫病が蔓延しているときは、戦争と似たような状況ですから、政府が、「一致団結して疫病と戦おう」などというスローガンを掲げるのは、十分ありえると思います。こわいですね。

ただ、スペイン風邪のときは病気があまりにもひどかったため、ボランティアもだんだん逃げ出していたようです。

ウィルス除去機能のついた空気清浄機など、医療関係者が安心できる機材も買い揃えて欲しいと思います。そういうのは、常時役に立つはずですし。
[ 2008/03/18 19:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/62-ae9faefb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。