TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国の方針コロコロ変換 

【新型インフル】突然の政務官介入…ワクチン接種回数めぐり二転三転
 新型インフルエンザのワクチン接種回数をめぐり二転三転した厚生労働省の方針がようやく決まった。厚労省は1回接種の方針を公表する予定だったが、足立信也厚労政務官が異論を唱え、議論をやり直した。民主党が進める「政治主導」を示した格好だが、患者が急増する中、自治体や接種を控えた妊婦らからは「早く国の方針を示して」との声が挙がっている。

 厚労省が16日に開いた専門家会議では、20~50代の健康な成人約200人を対象とした臨床試験の結果を受け、妊婦や持病のある人も含め「13歳以上は原則1回」とすることで合意。厚労省は1回接種にかじを切ろうとしていた。

 ところが、ワクチン接種が始まった19日、足立政務官が突然、不快感をあらわに。医師経験のある足立政務官は「科学者の端くれとしては、今回の試験ではとてもそこまで(1回接種で十分)とはいえない」として同日夜に急遽(きゅうきょ)、新たな専門家を加えた会議を招集し、軌道を修正を図った。厚労省幹部は「脱官僚を掲げる民主党としては、医系技官と一部の専門家で決めた内容が気に入らなかったのだろう」と語り、別の幹部も「(1回接種に)異論があっても、なぜ接種開始当日なのか…」と困惑した。

 国の方針が二転三転し、悲鳴を挙げているのは患者からの問い合わせを受ける自治体や医療機関だ。

 東京都大田区の診療所「川田医院」の川田彰得院長は「ワクチン接種を待つ患者が多い中、早く予約を受け付けてあげたいのに、スケジュールが立てられない」と嘆く。第一子を妊娠中の東京都品川区の主婦、小島友美さん(30)は「コロコロと方針が変わるたびに不安を感じる。ワクチンは本当に大丈夫なのでしょうか」と疑問を呈している。(蕎麦谷里志)
(2009年10月20日産経新聞より引用・一部改編)

 コロコロコロコロコロコロコロコロ方針が変換され、現場の混乱はもう収拾がつきません。

 国民からの問い合わせに対し、お答えしたことが翌日には国によってひっくり返されてしまいます。

 もう、あきれてものが言えません。

スポンサーサイト
[ 2009/10/28 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(4)

1回か2回かは別として、
2回目のワクチン配布の供給がいつになるのかもわかりません。
しないよりましとしてとして、最優先患者(優先の中でも必要度の高い人)に11月からすることにしています。
その後のワクチン入荷を見て11月下旬に考えます。

季節性も同じ状況が生じています。
ワクチンがまとめて入荷しないので在庫が無くなりました。入荷状況を見て接種優先順位を考えねばなりません。
[ 2009/10/28 08:31 ] [ 編集 ]

報道にも責任が

我々現場にしわ寄せが来るのはいつものことですが,
接種回数の報道の件は報道にも大いに責任があるように思います.
そして,メディアはいつも決して謝りません.

足立政務官ヒアリング時の議論がほぼそのままの形でここにでています.
http://lohasmedical.jp/news/2009/10/20010545.php?page=1

タイミングやプロセスの問題等あるかとは思いますが,結果的に議論を持ったことやその内容は大変まともで,有意義であったように私は思います.
[ 2009/10/28 13:14 ] [ 編集 ]

単に現場にお願いすれば?

全国の女性医療従事者で新型ワクチン接種を受けた方に、ボランティアでの検体提供をお願いしたら?

妊娠○○週、接種後○○日の情報だけを添えて最寄りの保健所に連絡頂く

これだけですぐに数十検体が集まる気がしますが?
[ 2009/10/28 22:02 ] [ 編集 ]

アメリカでは妊婦も1回で十分な免疫獲得

CDCは1回のワクチン接種後21日で92%の妊婦で十分な免疫が得られると報告しています。
アジュバントの入っていない日本製ではどうなのか?
日本ではますます混乱するのでしょうか?
医療従事者へのワクチンすら不足していて(医師・看護師にも行き渡っていない)、11月の最優先患者へのワクチンもどれだけ配布されるのかが不明確になってきています。
報道では○○日から接種開始と言ってますが、十分量が配布されるのかわかりません。
先着順となることは最悪の事態(パニック)を引き起こします。

死亡率が季節性並みで若年の感染が中心であることをもっと強調してよいのでは?
ひょっとすると成人の死亡者数は、毎年の季節性での死亡者より少ないのでは?
[ 2009/11/03 21:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/629-7d9394e6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。