TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学級閉鎖が1回、2回、3回・・・ 

新型インフル、学級閉鎖の目安を緩和 県教委、授業時間数の確保に支障
 新型インフルエンザの流行を受け、県内の学校で休校や学級閉鎖などの措置が拡大している問題で、県教育委員会は26日、同一クラスで閉鎖が繰り返された場合の閉鎖目安を緩和した。授業時間数の確保に悩む学校現場からの要請を受けた形だ。

 県新型インフルエンザ対策本部で決めた目安は「クラス内に複数の患者が確認された場合は1週間の学級閉鎖」。これまでは、再び同じクラスで2人の患者が出ると、また1週間の学級閉鎖を繰り返していた。県教委教育企画室によると、23日現在、同じクラスで2回目の閉鎖となっているのは3校あるという。

 緩和したのは、同一クラスで学級閉鎖が繰り返されることにより、授業時間数が確保できないなど学校運営に支障が出るケース。これを前提に、学級閉鎖を行ったことのあるクラスで、児童生徒数の約20%の患者が確認された場合は、学校長などが5日間程度の学級閉鎖を検討するとした。県教委は「今後、患者数は増えることが想定される。各学校は余裕を持って授業時間数を確保しているが、それでも足りないケースが出てくる」と判断。保健薬務課など協議し、目安の一部緩和を決めたという。

 県に26日入った報告によると、新型インフルエンザの集団発生のため新たに22校が休校や休園、学年閉鎖を行った。新たに措置を取ったのは山形、米沢、鶴岡、酒田、上山、長井、東根、尾花沢、大石田、最上、真室川、庄内の学校など。内訳は小学校5校、中学校13校、高校3校、保育施設1カ所。23日現在で休校などを行っているのは91施設。累計では189カ所になった。
(2009年10月26日山形新聞より引用・一部改編)

 これだけの流行状況で、学級閉鎖をすることは、もはや効果が低いといわざるを得ません。

 現場の先生方はこの決定でほっとしてるでしょう。。

スポンサーサイト
[ 2009/11/01 00:00 ] 学校・保育園・幼稚園 | TB(0) | CM(1)

ワクチン接種の順位

基礎疾患の有無にかかわらず、子供たちを最優先すべきじゃないのでしょうか。
基礎疾患があっても、成人はそれほど大きな問題にはなっていません。厚労省は、接種スケジュールを見直すべきだと思いますが…
[ 2009/11/01 21:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/632-0dbb6cd9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。