TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワクチン欲しいよ欲しいよ~という声 

「薬剤師も最優先に」ワクチン接種で不満の声
 新型インフルエンザのワクチン接種で最優先とされた「医療従事者」に、薬剤師が含まれないのは納得できないと、薬剤師から不満の声が上がっている。

 優先接種の対象とする医療従事者について、厚生労働省は「新型患者の治療に直接従事する者」とし、具体的には医師、看護師、准看護師を想定。薬剤師など「その他の医療従事者」への接種は各医療機関の判断に委ねた。このため、病院勤務の薬剤師は優先接種されるケースもあるが、薬局勤務は一般と同じ扱いに。

 これに対し、東京・板橋などで薬局を経営する薬剤師の石垣栄一さん(54)は「患者と50センチほどの近さで対面し、服薬指導をするのに」と指摘。特に、吸引式の治療薬リレンザの使い方を指導する際には、患者がせき込むことも多く、「複数の薬剤師が重症化して店が開けなくなれば、地域医療に影響が出かねない」と語る。

 日本薬剤師会は9月、同省に薬剤師を優先接種に加えるよう要望書を提出。その中で〈1〉調剤や服薬指導で患者と接し、リスクが大きい〈2〉重症化すればインフル治療薬以外の医薬品供給にも支障が出る――などと指摘したが、状況は変わらなかった。
(2009年11月3日 読売新聞より引用・一部改編)

 致死率0.001%の疾患のワクチンが欲しくて欲しくてたまらない人たちがいます。

 どうして欲しいのか。それは、医師、看護師には接種されているのに、同じ「師」職にも関わらず接種対象にならなかったからであり、医学的、科学的根拠からとは思えません。

 「複数の薬剤師が重症化して店が開けなくなる」なんて状況、起こるのでしょうか?

 そういう仮定を立て始めれば、きりがありません。

スポンサーサイト
[ 2009/11/07 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(2)

 現場の薬剤師です。

複数の薬剤師が重症化して店が開けない、はありえないでしょう。

 重症化せずとも、感染するだけで店は開けません。
複数薬剤師がいるのならいいんですが、
一人しか薬剤師がいない薬局なら、一人倒れればそれまでです。
 もっとも、それは一人しか医師のいない診療所でも、事情は同じと思いますが。

 ウチの近所で、インフルエンザで薬局が一つ臨時休業していますよ。
 その分、患者さんは薬局を探す手間がかかっています。
また、薬局は全ての薬をおいているわけではないので、
採用していない医薬品だと調剤に時間がかかります。
そういう意味では、「地域医療に混乱が生じている」んですけど・・・
大したことじゃないですね。w
 医師一人の診療所が休診になって生じる混乱と、似たようなものです。

 でも、薬剤師の反応は医学的、科学的ではないですね。
単に、面子というか、プライドの問題だと思います。(苦笑)


[ 2009/11/11 23:50 ] [ 編集 ]

調剤薬局も医療機関です

>致死率0.001%の疾患のワクチン
・・・その0.001%に該当した人(家族)の気持ちを思うと、情報として伝える必要は有っても、今回のような揶揄の文章には使わないで欲しいと思います。

 さて、いまどきの薬局では医師の3分診療以上に熱心に服薬指導してくれるところもあります。
 そこら辺を医系官僚が無理解なのでは?
 
[ 2009/11/13 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/638-1c1f4a79










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。