TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワクチンいらない!~という声 

ワクチン足りない!いらない! 米、インフルで混乱
  【ワシントン=勝田敏彦、ロサンゼルス=堀内隆】オバマ大統領が新型の豚インフルエンザの緊急事態を宣言した米国で、ワクチンをめぐる混乱が続いている。48州に流行が広がり、ワクチンは不足。ロサンゼルス近郊では無保険の貧困層への接種に対象外の市民が列をつくっている。一方、ニューヨーク州では医療従事者へのワクチン接種を義務づけていたが、現場の反発などで中止になった。

 疾病対策センター(CDC)のフリーデン所長は10月30日に記者会見し、「(ワクチンの)需要と供給の差は小さくなってきている」と釈明した。同所長はその3日前にも記者会見を開き、「接種が必要な人の全員に必ず行き渡る」と防戦に懸命だ。

 厚生省のセベリウス長官は当初、10月末までに1億2千万回分のワクチンが調達できると強弁してきたが、製造の遅れで同月28日には2320万回分へと大幅に下方修正。米政府の見通しの甘さに批判が高まっている。

 ロサンゼルス郡では、公民館などに設けられた臨時クリニックの無料接種で混雑が続いている。子どもや妊婦、基礎疾患のある人など優先接種の対象ながら医療保険に入っていない貧困層向けだが、医療保険に入っていても、かかりつけ医を通じたワクチン接種を受けられなかった人々も押しかけ、会場はどこも3~5時間待ちの行列。郡保健局の担当者が「優先接種の対象者以外は受けられません」と繰り返し呼びかけていた。

 一方、CNNなどが10月中旬に実施した世論調査によると、43%が新型インフルエンザのワクチンは「安全ではない」と回答。76年の豚インフルエンザ流行時、副作用とみられる報告が相次いだ記憶が影響しているとみられる。

 ニューヨーク州は医療従事者への新型インフルワクチン接種を義務づけていたが、10月下旬に中止を発表した。副作用への不安から現場で反発の声が出たうえ、裁判も起こされていた。ただし、州当局は「ワクチン不足による中止」と説明している。
(2009年11月4日朝日新聞より引用・一部改編)

 日本には致死率0.001%の疾患のワクチンが欲しくて欲しくてたまらない人たちがいます。

 もちろん、接種対象者であってもいらないと思っている人たちもいます。

 しかし、今の日本では、「私はワクチンを接種したくない!」ということがはばかられる雰囲気なのではないかと思います。

スポンサーサイト
[ 2009/11/08 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(1)

言わんとすることはわかりますが、「致死率0.001%」と連呼するのはやめるべきだと思います。
分母を推計患者数、分子を報道・発表されている死亡者数として計算するのが適切とはとても思えません。頭の体操としては面白いけど、それ以上の意味合いを持たせるのは危険です。毎シーズンの致死率は決してこのようには計算されていません。断片的な情報を元に過大に語るのは、マスコミがあおる手法と同じようにみえます。
[ 2009/11/08 01:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/639-cf6c5877










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。