TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

副作用の認定と国家予算削減 

【新型インフル】ワクチン接種後の死亡新たに2人
厚生労働省は19日、新型インフルエンザの国産ワクチン接種を受けた熊本県の80代男性と大分県の70代女性の計2人が新たに死亡したと発表した。新型ワクチン接種後の死亡報告は合計10人。

 厚労省によると、男性の主治医は「ワクチンとの因果関係はなし」、女性の主治医は「もともとの病気で死亡した可能性が高いが、因果関係は評価不能」と報告。同省は専門家の意見を聞き、あらためて評価する。

 男性は慢性腎不全や消化管出血など、女性は慢性閉塞(へいそく)性肺疾患や肺高血圧症の基礎疾患(持病)があったという。
(2009年11月19日産経新聞より引用・一部改編)

 新型ワクチン接種後の死亡報告がこんなに早く10人を超えるとは驚きました。

 もし、ワクチン接種と死亡との因果関係があるとの結論が下されると、国家賠償の対象となります(臨時国会で強行採決されました。)

 今に始まった話ではありませんが、簡単に副作用と認定してしまうと、賠償金を国は払わなくてはいけません。

 ですので、副作用認定はかなり厳しい審査を経ないといけません。

 今後、どのような審査が行われるのか、注目されます。

スポンサーサイト
[ 2009/11/23 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/654-9e96d8c7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。