TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳥インフル訓練がパニックを誘発してないか 

住民も参加 鳥インフル訓練
 鳥インフルエンザなど強毒性インフルエンザを想定した対策訓練が29日、横浜市都筑区の区役所と、隣接する昭和大横浜市北部病院を会場に行われ、地域住民や医師ら約150人が参加、本番さながらに診療や患者搬送などの訓練が行われた。「住民を含めて、各関係機関が一緒に取り組む合同訓練は、全国でも初」(区総務課)としている。

 訓練は、市内で強毒性のインフルエンザが発生し、同病院の周辺に、受診希望者が集中して混乱。患者を区役所に設置した臨時発熱外来へ誘導、医師会などによる医療チームが診察などにあたる一方、重症者は隣接する同病院へ搬送する――との想定で行われた。

 訓練には、患者役などとして地域住民約70人のほか、区医師会や同病院、都筑署、都筑消防署など計8関係機関からの約80人が参加。ゴーグルや防護服に身を包んだ医師や救急隊員、区役所職員らが、病院に直接向かう患者たちを、区役所に設置した臨時発熱外来へ誘導し、その場で診察したり投薬したりするなどの訓練に取り組んだほか、重症患者は設備の整った同病院へ搬送。また、受診希望者の列に割り込む者への対応なども訓練に盛り込まれた。

 区医師会の水野恭一会長は「強毒性鳥インフルエンザが発生すれば、パニックが起きる。その混乱の中で、各関係機関がどのように連携して対応すべきかを訓練でき、とても意味深い。毒物などのテロ対策に対しても有効な対応策になるので、きちんと検証していきたい」と話していた。

 区総務課では、今回の訓練で見つかった問題点や課題などを今年度内に整理し、新年度には、区の防災計画などへ反映させる予定。
(2009年11月30日読売新聞より引用・一部改編)

 実際に新型インフルエンザが発生し、我々は何かを学んだと思います。

 そのうちの一つに、「発熱外来の設置そのものが混乱の原因」であるという事実があります。

 発生初期に発熱外来に来る発熱患者の99%以上は、インフルエンザ以外の疾患です(特に小児)

 発熱外来は、「いやなものを他に押し付ける」典型例だと感じています。

 発熱外来が崩壊することは、神戸大阪ですでに実証されているのですが、何故それを学んでいないのか不思議です。

スポンサーサイト
[ 2009/12/03 00:00 ] 訓練フェーズ4B | TB(0) | CM(5)

訓練は必要だと思う

私は訓練自体は無駄だとは思えないです。お会いした国立感染症研究所の先生方はみな今の新型インフルエンザが変異して強毒化することもありえると言っていました。速水さんの本を読むと新型インフルエンザと同じ遺伝子のスペイン風邪は地球を三週した頃から死者が増えて変異して強毒化していったのではと言われてます。
インフルエンザは母里さんの本を読むとものすごく変異していくからある日突然強毒化してもおかしくないと思う。

もしもそうなった時のための訓練は必要だと思う。

私は市役所に勤務してますが市役所は今回の新型インフルエンザが弱毒の場合と強毒に変異した場合の二つの政策を用意していて政策を考える人は悩みながらマニュアルを作っていました。私が医者側の学会情報などを教えてあげてなんとか完成してました。

政策を立てる側は医療知識がない医療従事者ではない普通の人のため現実的ではないことも起きてしまうんだと思う。厚労省も医者の臨床経験のあまりない役人が決めているせいで意見がいくつも割れているらしいから。臨床経験のある医者たちの意見は大切だと思います。
[ 2009/12/03 05:56 ] [ 編集 ]

マニュアルの見直しが必要

訓練は重要
しかしマニュアルが問題

設備の整った病院とは?
重症インフルエンザの治療にMRI・核医学・NICU・手術室はほとんど不必要。
必要なのは人工呼吸器と治療室以外は消耗品とマンパワーのソフトの問題。
人工呼吸器・消耗品・人員はいつでもどこにでも搬送できます。
なぜ日常的な重症患者を扱っている施設に、マンパワーを要する新たな患者を搬送するのでしょうか?
戦場にたとえるなら、ゲリラのような敵を本部に導いて対処するようなものです。

この手のマニュアルは厚労省が以前作成したひな形をいじっているだけで、現実に即したものではない印象です。

例えば、ほとんど使用していない体育館(仕分け会場など)を臨時インフルエンザ病床にして、そこにあらかじめ決めていた人員を集結されるなどという発想での訓練は無いのでしょうか?
パンデミックで患者数が多いときはそうならざるを得ないでしょう。なのにこのマニュアルが無いのは手落ちでは?
[ 2009/12/03 08:56 ] [ 編集 ]

訓練の方法を再検討するべき

今回の豚由来新型インフルエンザで生じたことは、発熱外来機能の破綻でした。ごく少人数のうちは対応できても、受診者が増加すると、このシステムは容易に破綻します。病院も医療従事者も救急も余力がないからです。

訓練で患者70人は多いほうですが、この700人とか7000人の規模を想定し、病院や行政機関以外にマスコミとか県や国レベルでも対策を講じる必要があります。

鳥やSARSを想定したなんとか封じ込めるための訓練も必要でしょうが、今回のパンデミックを経験してしまうと、大丈夫?と思ってしまいます。
[ 2009/12/03 09:52 ] [ 編集 ]

強毒・弱毒って・・・?

何にせよ、パンデミックインフルエンザとして流行するのなら、今回と同じように、流行するのだと思います。

今回、「鎖国」の様な封じ込めがある意味有効だったのは、だれもがまっとうな準備をしていなかったための時間稼ぎに有効であっただけではないでしょうか。あれで侵入が防げていたわけではないでしょう。

「発熱外来」が、どれだけ破綻していたのか、関わった人たちには周知のことです。そこに「押しつけて」いた人たちだけが、今もって、その発想を持ち続けているように思います。

「誰かが診る」、「誰かが対応する」では、どうにもならないわけで、「みんなで診る」、「みんなで対応する」という、当たり前のことに戻るしかないんじゃないでしょうかね?その上でのマニュアル作りをしないと、無駄な気がします。
[ 2009/12/03 22:11 ] [ 編集 ]

そもそも

トリインフルは、パンデミックしませんって。感染した人で、おしまいです。ヒトーヒト感染するようになって、初めてパンデミックするわけですから。読売の記事のタイトル自体、間違ってます。
いい加減、強毒とか弱毒とかの表現はやめて、PSIなどで、表現して欲しい。

http://en.wikipedia.org/wiki/Pandemic_Severity_Index
[ 2009/12/05 13:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/664-d8da0b1b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。