TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ペラミビル 

厚労省、塩野義の抗インフル薬を優先審査品目に
 厚生労働省は30日、塩野義製薬が10月に製造販売承認を申請していた抗インフルエンザ薬「ペラミビル」を優先審査品目にすることを決めた。通常の医薬品と比べて優先的に審査を受けられるようになる。

 同日開いた薬事・食品衛生審議会の部会に報告し、了承を得た。ペラミビルは「タミフル」「リレンザ」など既存の治療薬と異なり点滴で使うタイプで、重症者などの治療に役立つとされる。

 新型インフルエンザへの効果もあると期待されており、厚労省は新型インフルの感染が拡大する中、同薬の審査は緊急性が高いと判断した。
(2009年12月1日読売新聞より引用・一部改編)

 経口、吸入に加え、点滴という投与方法が加わることは、インフルエンザ治療の選択肢に幅が出るという意味で、臨床現場でとても助かると思います。

スポンサーサイト
[ 2009/12/04 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(4)

杞憂でしょうか

投与経路が多様化するのは歓迎すべきことかもしれませんが、インフルエンザに対する昨今の国民の行動パターンから考えるに、一般的な診療所で「風邪に効く注射」として「とりあえず注射」の希望者が殺到することを今から懸念します。
[ 2009/12/04 06:53 ] [ 編集 ]

私も杞憂する

主人と参加した日本臨床内科医学会で2社の薬の承認がとれそうだとは聞きました。しかし安全性は論議されてません。大丈夫なのか心配だなあ。
タミフルにしても8時間だけ熱の出ている時間が短くなるだけという。
薬にたくさんの期待はしてはいけないと思います。
免疫力があれば新型インフルエンザには感染しません。主人の大学の安保徹先生の本をお読みください。
星野泰三先生の具体的な食べ方のかいてある本も素晴らしい。
薬ばかり頼っても新型インフルエンザには勝てません。

主人の病院では新型インフルエンザが大流行で主人も感染したらしいが咳が少し出ているくらいです。
私はなんともありません。
二人とも玄米と自然食だったため大丈夫です。
まず免疫をつけることだと思います。
[ 2009/12/04 07:14 ] [ 編集 ]

フォロー

◎免疫力があれば感染しても発症しないことがある
◎玄米と自然食が新型インフルエンザの抵抗力に影響すると信じるのは信仰の自由というレベル
[ 2009/12/05 23:28 ] [ 編集 ]

病は気から

 病は気からと申します。
「玄米食ってりゃ病気にならん。」
と信じているうちは、体の病気にはならんもんです。
 しかし、少しでも疑ったら一気に発病します。

>主人の病院では新型インフルエンザが大流行で主人も
>感染したらしいが咳が少し出ているくらいです

 で、歯科医師の妻さん。
 ご主人は診療の方は如何なさっていますでしょうか?
医師がインフルに感染しても、インフルの患者を診る分には支障ないとは思いますが!?
[ 2009/12/10 18:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/665-903ec67b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。