TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本医師会の要望書 

新型インフルエンザワクチン接種に関する要望書を提出
 日医は十一月十一日,新型インフルエンザワクチンの接種に伴い,国の適切な対応や情報提供を求める唐澤人会長名の要望書を,長妻昭厚生労働大臣宛に提出した.
 要望書は,(一)季節性インフルエンザワクチンの供給,(二)新型インフルエンザワクチンの接種順位・回数,(三)新型インフルエンザワクチンの供給体制の整備,(四)新型インフルエンザワクチンの適切な接種体制,(五)適切な情報提供の実施,(六)速やかな組織培養によるワクチン製造の実現,(七)受託医療機関の過剰な負担を解消するため,医療現場の意見の十分な施策への反映と,日医との事前協議の徹底─の七項目を柱とした内容になっている.
 同日の定例会見で要望書の内容を説明した飯沼雅朗常任理事は,今回の要望書を提出した理由について,費用負担や接種回数など国の方針が二転三転するなかで,現場の医療機関は,診療時間を延長するなど献身的な対応で,必死に地域医療を支えているが,このままでは,地域医療の崩壊は火を見るよりも明らかであったためだと説明.国に対しては,今後も国民が安心してワクチン接種を受けることの出来る体制の確保,受託医療機関の過剰な負担の早急な解消を求めていきたいとした.
 さらに,同常任理事は,季節性に比べ新型インフルエンザでは,小児の脳炎・脳症が多く見られることから,幼児,小学校低学年に対する前倒しの接種が必要だと指摘するとともに,二回接種の議論をするより,まずは全ての希望者への第一回接種を実現すべきと主張.加えて,ワクチンを無駄にしないよう,診療所には一ミリリットルバイアルのワクチン納入を徹底する等,受託医療機関の実情に応じた供給の確保を求めた.
(2009年12月4日日医ニュースより引用・一部改編)

 「地域医療の崩壊は火を見るよりも明らか」
 「国の方針が二転三転」


 その通りかもしれません。

 要望を受け取った長妻昭厚生労働大臣は、この要望の意味を理解できているでしょうか?

スポンサーサイト
[ 2009/12/07 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(5)

当然の行為ですね

日本医師会は私が録音を届けるまで厚生労働省の内情を知らずに困惑してました。
保険医協会の情報は医師会に必ずしも流れるというわけではないのです。

だから橋渡しをしてあげることも時には大切だと思います。

あの録音で誰が悪い官僚かわかりその上での要望書ですね。

レセプトオンライン訴訟のように強い態度に出ないと何も変わらない厚生労働省だとわかっているからだと思います。

長妻さんは可哀想だと思います。悪い官僚は長妻さんを過労死させようとしてるんじゃないかという噂のあるくらいですから。
[ 2009/12/07 07:26 ] [ 編集 ]

管理人さん タイムリーな話題ありがとう

主人が病気でもう一週間も具合が悪くてあまりニュースや新聞は見てなかったです。

日医の要望書のこと知らなかったです。

今日は勤務先のインフルエンザ対策の係長にこの話題を知らせました。

主人は私の県の医師会会長さんに診察してもらっています。さっき私が薬をとりにいき会長さんと要望書のこと話しました。

「要望書本当によかったです。」といったら会長さんはニコッと笑ってくれました。

なんでも話せるお父さんみたいな会長さんです。(^_^)
[ 2009/12/07 17:18 ] [ 編集 ]

一ヶ月後

要望書の提出から約一ヶ月経っているようですが、どこの地域の医療が崩壊しているのか、誰かご存じですか?
煽りではなく純粋に質問です。
[ 2009/12/07 22:13 ] [ 編集 ]

あ~ 「歯科医師の妻」へ

良いこと思いついたんだけどさ。その保険医協会の木村盛世の講演録を厚労省にも送ってあげたら? 悪い官僚さんも反省して、良い官僚さんになるんじゃないかなぁ

それにしても、ここのブログおもしれ~な。
暇つぶしに最適だよ。
[ 2009/12/07 23:34 ] [ 編集 ]

献身により意外と丈夫な日本の医療体制

私は、多くの医療機関が診療拒否をするんじゃないかと思っていたのですが、さすがにそうはならなかったようです。ですが、回りで見聞きする小児科の状況は、すさまじいモノです。大人だけ診ているこちらには、想像もできません。頭が下がります。
「崩壊」しないのは、現場の、小児科の先生たちの献身によるものと思います。この先生たちが、普段通りの診療で対応していたら、確実に「崩壊」していると思います。
[ 2009/12/08 13:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/668-66c9be02










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。