TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ予防接種の健康被害救済制度受付開始 

新型インフル、国がワクチン健康被害の救済受け付け開始
 厚生労働省は4日、新型の豚インフルエンザのワクチン接種による健康被害を救済する制度の受け付けを始めた。ワクチン接種によって死亡した人の遺族に一時金約710万円を支払うほか、入院治療が必要になった場合の医療費の自己負担分を支給する。

 遺族には一時金または、年額約230万円の遺族年金を最長10年間給付。入院治療が必要になった場合は、医療費以外の費用も約3万円支給する。18歳未満が障害を負った場合には、養育費として年額約68万~85万円を給付する。

 新型ワクチンは現行の予防接種法による救済の対象外だった。そのため臨時国会で成立した新型インフルエンザ対策特別措置法で、季節性インフルで65歳以上が対象になる定期接種の場合と同等の救済をできるようにした。

 救済対象の健康被害は、副作用や注射のミスなど。これまでに新型ワクチンを接種した人も対象になる。厚労省は電話相談窓口(平日午前10~午後6時、03・3501・9060)も設置した。
(2009年12月4日朝日新聞より引用・一部改編)

 季節性インフルで65歳以上が対象になる定期接種の場合と同等の救済をできるようにしたのですが、申請を直接厚生労働省に行う点は違うようです。

スポンサーサイト
[ 2009/12/10 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/671-df2ac5c9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。