TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

輸入ワクチンは不人気の大瓶です 

「特定ロットに問題」=英社製新型インフルワクチンの副作用-長妻厚労相
 輸入を予定している英製薬大手グラクソ・スミスクラインの新型インフルエンザワクチンが副作用を理由にカナダで使用が一時中止された問題で、長妻昭厚生労働相は8日の閣議後会見で、「特定の(出荷)部分に問題があったとするカナダ政府の見解を受け止める」と述べた。同省は先月末にカナダに職員を派遣し、同社工場などを調査していた。
 長妻厚労相は現地調査を終えた職員から、「特定ロットについて通常より高い副作用が出たとの報告を受けた」と説明。ただし、ほかのロットより高率で副作用が発生した原因は、カナダ政府も把握していないとした。
(2009年12月8日時事通信より引用・一部改編)
「品質の問題考えにくい」 英社ワクチンで厚労省
 日本が輸入予定の英グラクソ・スミスクライン(GSK)社製の新型インフルエンザワクチンによる重い副作用がカナダで報告された問題で、厚生労働省は8日、「品質上の問題とは考えにくい」とする同省調査団の調査結果を発表した。原因は特定できなかったという。

 厚労省は「保管や接種の方法に原因がある可能性もある」として、引き続きカナダ政府と情報交換を進めるとともに、輸入に向けた承認手続きを慎重に行う方針。

 手続きを簡略化した「特例承認」の可否を検討する薬事・食品衛生審議会の部会を今月中旬にも開き、国民の意見(パブリックコメント)も募集した上で最終判断する。このため、当初は年内を予定していた承認が1月以降にずれ込み、年明けに設定されている健康な高齢者への輸入ワクチン接種開始が遅れる見通しとなった。

 調査団は、通常より高い頻度で重い副作用が報告された製品の製造過程のデータを検討した。この製品と同じ材料が使われた別の製品では異常が報告されていないため、品質上の問題ではないと結論づけた。
(2009年12月8日共同通信より引用・一部改編)

 特定ロットに問題が生じた原因は何だったのでしょうか。

 生産方法の問題?人為的ミス?テロ?

 おそらくその原因は分からないまま、日本に輸入が始まると思います。

 マスコミでは全く報道されていませんが、輸入ワクチンは、

GSKのものは1バイアルで10回分
ノバルティスファーマのものは1バイアルで17回分


のいわゆる大瓶です。

 現場に散々たたかれた国産の10mLバイアルと同じ問題が必ず起こります。

 輸入ワクチン(大瓶)、絶対余るでしょう。

 その費用は税金でまかなわれます。

スポンサーサイト
[ 2009/12/11 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(4)

新型インフルエンザ狂騒曲も終盤に

某診療所で季節性インフルエンザが300人分がはける見込みがなく困惑しているとのこと。

そりゃそうでしょう。人心は新型へとなびいている。

そして、新型も今がピーク。2週間も経たずにピークアウトするに決まっている。

グラクソものが輸入されるなんていつの話だろう。新型インフルエンザのワクチンは急激に需要が無くなると思われる。

マスコミは何の話だと取り上げることさえしない。

もうそろそろ、管理人さんも煽るのを止めて、本筋に戻る時期が来たのではないでしょうか?

ただ・・・いまさら、鳥インフルエンザの脅威を煽るのも芸がない。

タイトルを変えたら如何でしょうか?

病院機能評価とか医療監視とかで行政権力を行使するのでhなく、自らの保健所機能評価を見つめる時期に来たのではないでしょうか?
[ 2009/12/11 20:10 ] [ 編集 ]

旧来の季節性インフルエンザワクチンの人気回復もあり得る

いやいや、年を明けると季節性インフルエンザワクチンに殺到するかもしれません。

たぶんクリスマスの頃にはベイブがターキーに変わることはないでしょうが急激に減るでしょう。
今度は年末年始の民族大移動で季節性インフルエンザの時期が到来する可能性も残っています。ただ暖冬で湿潤な気候が続けば従来型の流行は少ないでしょうが・・・

正月明けの従来のインフルエンザが流行し始めれば、認知症のマスコミが昨年のこと(現時点では今)をすっかり忘れて、「インフルエンザが再び流行して大変です」と騒いでくれます。そうすればワイドショーしか見ていない人たちが再び診療所に押しかけるでしょう。
大いにマスコミの報道に期待しています(皮肉ですよ)
[ 2009/12/12 00:10 ] [ 編集 ]

季節性

 お国は大瓶対策のために新型の集団接種を推進しているようですが、そろそろ子供に季節性のワクチンをいっとこうかと思っています。
 新型が季節性に取って代わるという話もあるようで、この冬に季節性が流行るかどうかは?ですが。
[ 2009/12/12 12:01 ] [ 編集 ]

B型はいつも遅れて流行

たしかにA型はソ連がスペインに取って代わったように、メキシコに入れ替わる可能性があります。
しかし新型騒ぎで従来のワクチン(A・B混合)の接種が手薄になればB型が流行する可能性はあります。
[ 2009/12/12 14:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/672-6ca9c9a8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。