TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

契約違反は氷山の一角 

新型インフルワクチン、院長が孫に“優先接種”…兵庫
医療従事者向け 厚労省に虚偽報告
 兵庫県宝塚市の小児科診療所の60歳代の院長が、医療従事者への新型インフルエンザワクチンを、国との接種業務委託契約に違反して、孫(6)に2回、“優先接種”していたことがわかった。情報提供を受けた厚生労働省が先月中旬、調査に乗り出したが、院長は、診療所に勤務する薬剤師の妻が接種したと虚偽の報告をしていたことも判明。読売新聞の取材に、院長は「ぜんそくの持病を持つ孫の健康が心配で、不正を承知で接種した。国にはうその説明をした」などと認め、9日、厚労省に電話でこうした事実を伝えたという。

 同診療所では現在、約300人の予約を受けており、契約が解除されれば、接種できなくなる可能性もある。

 院長の説明によると、診療所に初回の医療従事者用ワクチン2瓶(大人4人分)が配布されたのは10月20日。当初、看護師4人に接種する計画だったが、院長の判断で同22日夜、診察終了後の誰もいなくなった診療所に孫を来院させ、1瓶を開封してワクチンを接種、余った分は翌日に持ち越せないため、廃棄処分した。

 健康な小児(1歳~小3)は免疫がつきにくく、接種は2回必要。このため、11月12日夜に再び孫を呼び、医療従事者用を接種した。

 初回の接種後、孫は有名私立小学校を受験していた。院長は「受験よりも、ぜんそくがきつかったのが理由」と釈明している。

 同診療所の医療従事者は、院長と妻のほか、看護師4人と事務員6人の計12人。医療従事者用ワクチンは最終的に計4瓶8人分が配布されたが、孫への接種、廃棄するなどして大人3人分を使ってしまい、院長や看護師ら計5人しか接種できなくなった。

 同省近畿厚生局は複数の不正情報に基づいて、同月中旬、院長に対し、医療従事者が適正にワクチンを接種したことを証明するため、予診票の提出を要求した。

 院長は、孫への接種分は妻が接種したとする内容虚偽の予診票を新たに作成。さらに、廃棄処分したワクチンを看護師が接種したことにするため、この看護師の予診票の日付も、妻と同じ日に改ざんした。

 読売新聞社の取材に対し、院長は「医師のモラルに反する行為だった。たくさんの子どもたちがワクチンを待っているのに、申し訳ない」と話している。

 新型インフルエンザワクチンの医療従事者への優先接種用を巡る不正では11月中旬、鳥取県内の病院で余ったワクチンを病院職員の親族2人に接種したことがわかっている。

 接種業務委託契約 ワクチンの接種は国と委託契約を結んだ医療機関だけが行う。ワクチンの供給量に限りがあるため、医療従事者、妊婦や基礎疾患がある人、1歳~小学校3年生などの優先順に、接種することが義務付けられている。重症者の発生を減らすこと、必要な医療を確保するのが目的で、違反行為があれば、国は契約を解除できる。
(2009年12月9日読売新聞より引用・一部改編)

 新型インフルエンザ受託医療機関に違反行為があれば、国は契約を解除できます。

 しかし、複数の医療機関が違反行為を行っているのに、どうしてこの診療所だけがスクープされたのでしょうか。

 国は本当に契約を解除するのでしょうか。興味深いニュースです。

スポンサーサイト
[ 2009/12/13 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(1)

真っ当に患者さんにワクチン接種をした場合でも、どうやったって翌日に繰り越せないような残薬は発生します。そういうものを何らかの形で利用しているところは、いくらでもあるでしょうね。そんなときでも、周りが納得できるような名分があればいいとおもうのですが(未接種の医療従事者に接種したとか)、今回の事例は、記事通りだとすれば、あまり同情できませんね・・・。自分だって、我が子に未だワクチンは打てていません。
[ 2009/12/13 16:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/674-422776ac










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。