TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

献血からウイルス検出されず 

新型インフル感染者の献血、ウイルス検出されず
 日本赤十字社は10日、献血後に新型インフルエンザ感染が判明した96人について、献血の血液からウイルスは検出されず、輸血に使われても感染の可能性は極めて低い、との調査結果を明らかにした。

 感染者が未発症の段階で献血すると、輸血を通じて感染することが心配されていた。日赤は今年5月以降、献血後7日以内に新型インフルを発症したり、疑いがあると診断されたりした場合は連絡するよう献血者に呼びかけている。

 調査結果は厚生労働省の血液事業部会運営委員会で報告された。今後も献血者の新型インフル感染が判明した場合、血液の使用を控える措置は継続する。
(2009年12月8日産経新聞より引用・一部改編)

 5月の状況ならば、献血を控えるように感染者に指導することはやむをえなかったでしょうが、12月の今、まだ献血を控えるようになっていたとは驚きです。

スポンサーサイト
[ 2009/12/15 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/676-736bb6d0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。