TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

五輪選手ワクチン接種対象外 

五輪選手インフル不安、ワクチン接種対象外
 来年2月12日開幕のバンクーバー冬季五輪まで2か月に迫る中、4年に1度の大舞台に臨む選手たちが、新型インフルエンザ対策に苦慮している。

 カナダ・バンクーバー市当局は各国の代表選手らへのワクチン接種を求めているが、厚生労働省は、五輪選手が優先接種者のリストに含まれていないことから、「当面は無理」との立場だ。国内の競技関係者からは「五輪に照準を合わせてきた選手に何らかの措置を」という声も出ている。

 「季節性(インフルエンザのワクチン)は接種したけれど、できれば新型も打ちたい。選手村が一番感染しやすいと言われているし」。カーリング女子で五輪連続出場を決めたチーム青森の本橋麻里選手(23)は不安を訴える。

 同チームは、移動時のマスク着用やアルコール消毒などで予防を徹底しているが、阿部晋也コーチ(29)も「できる限り準備をしておきたい」とワクチン接種を望んでいる。

 国内での新型インフルは1400万人以上が感染し10日現在で110人が死亡した。世界各国でも感染が続いている。バンクーバー地域保健所は10月28日、出場選手らを対象に、「12月末までに予防接種を受けることを強く勧める」とする見解を明らかにした。これを受けて、日本オリンピック委員会(JOC)も対応を協議し、先月24日、各競技団体に対して「手洗い、うがいの徹底を」などという文書を送った。ただ、「健康な成人が優先接種を受けるわけにはいかない」などとして、国に要請はしなかった。

 新型インフルのワクチン接種は、厚労省の定めた優先接種者を対象に10月19日から、医療従事者や1歳~小学3年の子どもなどの順で始まり、来年1月以降は高齢者で、健康な成人については見通しが立っていない。
(2009年12月11日読売新聞より引用・一部改編)

 ワクチン接種の目的は「重症化防止」であることを知っていれば、このような意見はそもそも出てこないと思うのは私だけでしょうか。

スポンサーサイト
[ 2009/12/16 00:00 ] 海外へ行く時 | TB(0) | CM(1)

バンクーバー保健所の求めは当たり前だと思う

選手村は、多国籍の人たちが長期間、集団生活する場ですよね。ワクチン接種をしておくのは、自己防衛のみならず、他者へのマナーにもなるんじゃないですかね?
[ 2009/12/16 23:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/677-3c4314a8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。