TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

感染性胃腸炎が激減 

新型インフル対策、思わぬ効果 東北で感染性胃腸炎が激減
 東北で感染性胃腸炎の発生件数が前年を大幅に下回っている。例年11月に入ると、ノロウイルスが原因とみられる集団感染で胃腸炎の患者が急増するが、今年は夏から少ないまま推移。自治体の感染症対策の担当者は「新型インフルエンザが流行して手洗い、うがいを徹底したためではないか」と、思わぬ効果に驚いている。

 仙台市衛生研究所の調査では、市内の定点医療機関当たりの感染性胃腸炎報告数は11月30日~12月6日の1週間で、3.12人。前年同期(12.69人)の4分の1程度だ。

 過去5年間を見ると、7月下旬~10月は5.0人以下(1週間当たり)で、11月ごろから急増、12月にかけてピークを迎える。08年の最多は20.50人、07年は31.38人だった。

 今年は東北各県でも同様の傾向が見られる。11月30日~12月6日の報告数は宮城が2.73人、青森は1.38人、山形は3.23人、福島は2.60人。岩手は4.18人、秋田は5.14人と保育園などで発生が増え始めたが、例年より約7~5人少ないという。

 激減の要因として、関係者が推測するのが、新型インフルエンザ対策として手洗い、うがいを励行している点だ。

 仙台市感染症対策室は「ノロウイルスの感染拡大を防ぐ手段としても、手洗いは有効だ」と話す。インフルエンザの流行で、体調が悪い時はすぐ休むといった行動が社会で受け入れられていることも、拡大防止に役立っているとみる。

 宮城野区の原町小(児童582人)の千葉茂仁校長は「夏休み前は、下痢や吐く子がちらほら出ていたが、今はいない。手洗い、うがいを徹底したからだろうか」と推測する。

 ただ、例年、12月の発生が最も多いだけに、泉区の「泉チェリー保育園」(園児217人)の大山道子園長は「ことしは胃腸炎にかかる子どもは少ないが、ノロウイルスは感染力が強いので油断はできない」と警戒する。

[感染性胃腸炎]ウイルスや細菌などによる胃腸炎。嘔吐(おうと)や下痢、発熱、腹痛などの症状がある。初冬はノロウイルス、春先はロタウイルスが原因となるケースが多い。ウイルス性の場合は手を介して感染が拡大する。
(2009年12月12日河北新報より引用・一部改編)


 全国的に感染症の報告が少ないことは、すでに当ブログでも報告済みです。
(参考)
インフルエンザ以外は流行してないのは何故?

スポンサーサイト
[ 2009/12/17 00:00 ] サーベイランス | TB(0) | CM(1)

医療費節減

こんな分かりやすい医療費節減はないのに、マスコミも報道しない。やはり教育で疫学の大切さとその手段をきちんと伝えなきゃ。
[ 2009/12/17 08:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/679-f9a6f7e8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。