TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

誰でもワクチン打てます 

ワクチン接種、19~64歳の健康な人も 全国民対象に
 政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)は15日、医療従事者など優先接種対象者に限られていた新型の豚インフルのワクチンを、対象外の健康な成人にも接種することを決めた。成人の打つ回数を当初の原則2回から1回に変更したことで、ワクチンの供給に余裕が出たため、接種できる見通しがついたとしている。

 新たに対象となるのは19~64歳の健康な人。1回3600円の接種費用は自己負担だが、対策本部は、住民税の非課税世帯など、低所得者に対する接種費用の負担軽減策の実施も決めた。接種時期は厚生労働省が決める方針。

 政府は今年度内に、国内産ワクチンでは接種回数5400万回分(成人換算)を、海外メーカーからの輸入ワクチンは9900万回分(同)を、それぞれ確保する計画。ワクチンの調達が順調にいけば、希望するすべての国民が接種できることになる。

 いまの計画では、医療従事者や持病のある人、妊婦など約5400万人(子どもは2回接種)の優先接種対象者のうち、約4300万人に国内産ワクチンを打ち、残りの対象者(高齢者)の1100万人に輸入ワクチンを接種することになっている。(野瀬輝彦)
(2009年12月15日朝日新聞より引用・一部改編)


 ワクチンが足りない!足りない!と言っていた時代が懐かしいですね。

 今は「頼むからワクチンを打ってください!」とお願いする状況です。
スポンサーサイト
[ 2009/12/20 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(1)

ワクチンの賞味(消費)期限は

来年度のワクチンも季節性と新(?)の2回打ちでしょうか?
余ったら本年度の秋ぐらいから有効利用すれば?
[ 2009/12/20 22:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/681-98ed8095










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。