TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄県第二派開始? 

インフル患者増傾向 県、流行注意呼び掛け 
 県新型インフルエンザ対策室は16日、第50週(12月7~13日)の県内58医療機関のインフル患者報告数が1466人、1医療機関当たり25・28人となり、2週連続減少していた前週から2・37人増加したと発表した。うち、新型とみられるA型患者は1259人。同対策室は「インフルエンザが流行しやすい季節を迎えている」と、注意を呼び掛けている。

 保健所別では南部保健所管内で1医療機関当たり43・67人と前週より約10人増え、県内で最多だった。中央保健所管内(30・76人)も警報発令基準の1医療機関当たり30人を上回って流行している。以下、中部(19・75人)、八重山(18・33人)、北部(12・40人)、宮古(9・5人)保健所管内の順に流行している。

 前週の第49週(11月30~12月6日)の全国の定点当たりインフル患者報告数は31・82人で、沖縄(22・91人)を8・91人上回った。
(2009年12月17日読売新聞より引用・一部改編)

 全国に先駆けて新型インフルエンザの流行が始まった沖縄の動向は、他の地域にいる者にとっては非常に気になるところですが、また増加に転じたとの報告がありました。

 第二派がやってくるのか、それとも単なる誤差の範囲なのか?沖縄県の今週の発表も気になります。
スポンサーサイト
[ 2009/12/22 00:00 ] 地域情報 | TB(0) | CM(1)

流行再燃@沖縄

いつも勉強させてもらっています。
沖縄県の動向へのコメントありがとうございます。
トラックバックさせてもらいました。

その後、やはり急増したので、お知らせします。

今年もよろしくお願いします。
[ 2010/01/08 04:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/683-8e9c152b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。