TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タミフルの予防効果 

「タミフル」ドライシロップ剤、予防薬として承認
 厚生労働省は、中外製薬のインフルエンザ治療薬「タミフル」のドライシロップ剤を、予防薬として新たに承認した。

 予防投薬は保険適用外になる。

 治療用では1日2回、5日間投与するが、予防薬としては、15歳以上では1日1回を7~10日間、1~14歳では1日1回を10日間投与する。1歳未満には使用できない。

 また、タミフルのカプセル剤は、これまで予防薬としては対象を13歳以上に限定していたが、体重が37・5キロ以上なら13歳未満でも使えるようになった。
(2009年12月20日読売新聞より引用・一部改編)

 タミフルの感染予防効果については、議論の余地があります。

 今年の5月頃、タミフルを予防内服したにもかかわらず、新型インフルエンザを発病した人がいます。

 いったいいつまで予防内服をすべきなのか、そういう議論もあります。

スポンサーサイト
[ 2009/12/23 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(3)

やってませんよ、予防内服。

今時、濃厚接触した医療従事者にだってやってません。必要ですか、予防内服?それも、ドライシロップで。内服期間10日というわけのわからない用法も、誰が決めたのか。耐性ウイルスを増やすだけじゃあないでしょうか。

中学受験の子供を抱えた親が、欲しがりそうですね。
[ 2009/12/24 12:55 ] [ 編集 ]

娘は心疾患があるため予防内服しましたが次の朝新型インフルになりましたまだ二歳で医療費わ安くすむのに予防内服実費と言われびっくりしました。次の日発症したら実費の薬を飲ませろといわれました…
[ 2009/12/27 21:12 ] [ 編集 ]

メルヘンさんへ。お子さんへのご心労、大変だったと思います。予防内服は、薬の使い方(用法)としては認められていますが、保険適応はありません。それを行う場合、自費診療になってしまうのは、しょうがないかもしれません。
予防内服をされた状況が分かりませんが、私が予防内服の処方をするのは、インフルエンザにかかった方との接触をやめることができない人、具体的には、子供がインフルエンザにかかって、その世話をしなければならないハイリスクの介護者に行います。また、予防内服中に実際に発症してしまった場合は、直ちに、本来治療につかうべき量を飲んでいただきます。
、いろいろな状況で予防内服の処方がされていると思います。入院患者における予防内服の効果などは論文にされていますけど、私は、予防内服の効果は疑問に思っております。これは、あくまで個人的意見ですが。
[ 2009/12/27 22:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/684-8b72b5ff










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。