TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

予防接種法改正へ 

予防接種法改正に向け議論 厚労省審議会が初会合
 来シーズン以降の新型インフルエンザ流行や新たな感染症発生に備え、予防接種法の改正を検討する厚生労働省の審議会が25日、初会合を開いた。

 新型ワクチン接種の法的な位置付けや副作用による健康被害の救済制度などについて議論し、来年2~3月をめどに法改正に向けた見解をまとめる。厚労省はこれを踏まえ、改正法案を国会に提出したいとしている。

 今回の新型インフルエンザ流行を受けた新型ワクチン接種は、従来の季節性インフルエンザのワクチンと同様、予防接種法に基づかない任意接種として行われている。一方、新型ワクチンの確保や接種の優先順位設定などは国が主導、接種による健康被害を国が補償する必要性が生じた。

 このため国は特別措置法を定めたが、今後の恒久的対応に向け、予防接種制度の全般的見直しが求められていた。
(2009年12月25日共同通信より引用・一部改編)

 近いうちに会議の資料が厚生労働省のHPにアップされると思われます。

 予防接種法が改悪されず、ちゃんと改正されるといいですね♪

スポンサーサイト
[ 2009/12/30 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/693-9ff2e33e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。