TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フランスは違約金払ってでも解約 

仏政府、新型インフルワクチンを大量解約 接種率低迷で
 【パリ=古谷茂久】フランス政府は5日までに、発注していた新型インフルエンザワクチンのうち約半分にあたる5000万回分の注文を解約したことを明らかにした。接種率低迷でワクチンがだぶついているためだが、大量の注文取り消しで製薬会社から違約金支払いを求められる可能性もある。

 仏政府は英グラクソ・スミスクライン、仏サノフィ・パスツールなど4社に対し9400万回分(4700万人分)のワクチンを発注。総額は8億6900万ユーロ(約1100億円)を予定していた。だが症状が軽いことや副作用への懸念からこれまでの接種は人口6200万人のうち約500万人にとどまっている。
(2010年1月7日日本経済新聞より引用・一部改編)

 日本でも必ず起こるであろう状況がフランスで先行して起こっています。。

 厚生労働省は違約金を払ってでも解約するという決断ができるのでしょうか?

 だって、日本国民全員の数を上回るワクチンが、まだ輸入されているわけではなく、これから輸入するのですから、違約金さえ払えば解約はできるのだと思います。

 それとも、解約すら許されない不平等条約なのでしょうか。

スポンサーサイト
[ 2010/01/10 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/702-1612c2f1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。