TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワクチン接種と死亡との関係を何度も調べる 

ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者-厚労省
 厚生労働省は8日、重い肺炎などの持病がある人が新型インフルエンザのワクチンを接種した後に死亡するケースが報告されていることを受け、ワクチンが死亡リスクを高めているかを調査する方針を明らかにした。

 同省によると、これまでにワクチンを接種したのは最大1600万人。接種後に死亡したと報告されたのは7日までに107人で、大半が重い持病のある高齢者だ。同省が専門家に意見を求めたところ、多くはワクチンとは関係がなく、持病による死亡と判断された。

 しかし、重い肺疾患である間質性肺炎や慢性閉塞(へいそく)性肺疾患、腎臓疾患やがんなどの患者30人弱については、ワクチン接種により持病が悪化して死亡につながった疑いが否定できないとされている。

 ワクチンの副作用について議論している同省検討会の専門家には、重い持病がある人は風邪を引いた程度のきっかけで死亡することも多く、ワクチンが死亡リスクを高めているとは限らないとの意見も多い。
(2010年1月8日時事通信より引用・一部改編)

 以前ワクチン接種が始まった後にも、ワクチン接種との関係調査が行われたという記事がありました。

 その時の結論は「厚生労働省で開かれた専門家の検討委員会は、「安全性は十分」との見解」でした。

 たびたび意見を求められる専門家も、苦労されていることかと思います。

(参考)
新型インフルワクチン「安全性は十分」でないと誰かが困る

スポンサーサイト
[ 2010/01/15 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(6)

真実を認めない厚生労働省ですね

今朝この話題になり主人は「既往症のある人にワクチンを打って新型インフルエンザを防ぐなんてありえない。」と言ってました。
どうして既往症がある患者に危ないと言われている新型インフルエンザワクチンを接種することになったんでしょうか?

安全性を検証した論文などのエビデンスはあるんでしょうか?

私達が参加した日本臨床内科医学会ではエビデンスのない新型インフルエンザワクチンと言っており誰一人安全だと言い切る先生はいませんでした。

私達夫婦は日本臨床内科医会のサイトで「エビデンスのない新型インフルエンザワクチン」とはっきり危険性をかいていたホームページ(今はそのページは消されています)を読みこれは大変だと思い日本臨床内科医学会に参加するようになりました。

保険医協会の理事の先生方は新型インフルエンザワクチンを打たない先生が大多数でもしも安全なばこんなに打つのを辞める医者が増えるはずないと思います。
[ 2010/01/15 09:03 ] [ 編集 ]

このサイトも没落したな。厚労省批判とワクチン批判で、建設的な意見は出なくなったから仕方ないか。作品の質が下がると、ファンの質も下がるわけだ。
[ 2010/01/15 14:04 ] [ 編集 ]

blogのタイトルを「批判の達人」とか「責任転嫁の達人」に変更すれば問題はなくなると思いますよ。
「内職の達人」でも結構。仕事サボるの得意でしょ?
[ 2010/01/15 19:38 ] [ 編集 ]

工作員の方々が沸いてますねw
よっぽどこのエントリが工作員の方々の琴線に触れる内容だという事ですねw
[ 2010/01/15 23:23 ] [ 編集 ]

管理人はどうでもいいが、
俺はねねが心配だ。
工作員に措置られるなよ。
[ 2010/01/16 00:25 ] [ 編集 ]

工作員って何?
措置られるって何?
wって何?
ちゃんとわかるように書いてほしい
[ 2010/01/16 01:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/707-7023dfb9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。