TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

経鼻ワクチン 

鼻にスプレー…厚労省「次世代」ワクチン支援へ
 厚生労働省は、鼻にスプレーしたり、肌にシートを張り付けたりする新しいタイプのインフルエンザワクチンの実用化を支援する。

 製薬会社の開発や、臨床試験の費用を補助して、3年後の実用化を目指す。今年度の第2次補正予算案などで50億円を計上した。

 「第3世代ワクチン」と呼ばれるもので、鼻スプレータイプは、米国などで一部使われている。従来の注射タイプに比べて痛みがなく、簡便で、効果も高い。肌に張るタイプのほか、飲み薬などを想定している。

 また、こうした次世代ワクチンのほか、通常のワクチンの効果を高める免疫増強剤なども支援の対象にする方針だ。
(2010年1月12日読売新聞より引用・一部改編)

 経鼻ワクチンは、田代眞人センター長の研究内容の1つだったと思います。

 ちょっと古いですが、こんな研究内容がみつかります。

http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_b/kagaku/tasiro2.html

 海外で実用化されている方法を国内で再度研究開発しなくてはいけないというところが、日本のワクチン行政の謎な一面であるような気がします。  

スポンサーサイト
[ 2010/01/16 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/708-94e973ab










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。