TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

都が成人を解禁した理由はオリンピック? 

【バンクーバー五輪】織田信成選手らが新型インフルの予防接種
 東京都内で18日行われたバンクーバー冬季五輪の結団式に先立ち、フィギュアスケートの織田信成選手や鈴木明子選手などの代表選手、スタッフ計約50人が新型インフルエンザワクチンの予防接種を受けた。

 都が同日、基礎疾患のない人にも新型インフルエンザワクチンの予防接種を始めたことに伴う措置。結団式会場のホテルにワクチンを運び、希望者に接種した。選手からは「心配が一つ消えた」などと好評だったという。

 日本オリンピック委員会の奥脇透医師は「ワクチンの抗体ができるまで約3週間かかる。この結団式がギリギリのタイミングだった」と話した。現在、海外に遠征中の選手については今後、対応を検討するという。
(2010年1月18日朝日新聞より引用・一部改編)

 東京都は全国に先駆けて2010年1月18日から健康成人の接種を開始しましたが、もしかして、その理由はオリンピック選手に接種をするというのも絡んでいるのかなと、この記事から裏読みしてしまいました。

 「ワクチンの抗体ができるまで約3週間かかる。この結団式がギリギリのタイミングだった」

 ちなみにワクチンは感染予防効果は意外と低く、重症化予防効果こそがより期待できるものだということをお忘れなく。


この湊かなえの告白 という本は非常に読む人を引き込む面白い本だったので、紹介させていただきます。なお、感染症対策に詳しいものであるならば、内容の中で、牛乳にAIDS患者の血液を混ぜたとしても、感染のリスクがほとんどないことには気づくと思いました。

(参考)
そしてワクチン優先接種対象者はなくなった…

スポンサーサイト
[ 2010/01/21 00:00 ] 海外へ行く時 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/714-db025edf










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。